パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

同僚がパワハラを受けているときに、あなたにしてほしいこと

投稿日:2016年12月28日 更新日:

同僚がパワハラを受けているときに、

あなたにしてほしいことがあります。

 

それは、被害メモをその場で取ることです。

 

【1】証拠がないのが一番困る

パワハラは、証拠集めが大変です。

しかし、証拠がないと相談機関も動くことができません。

 

社内のハラスメント対策室であっても、

一定の証拠がなければ、

被害者の味方とはなりません。

 

【2】パワハラ被害者に味方は少ない

行政の相談機関であっても、

行政の基本的な立ち位置は「中立」です。

 

それは、労働局や労働基準監督署でも同じです。

基本的な立ち位置は中立であって、

被害者の味方となってくれるとは限りません。

 

会社のハラスメント相談室も同じです。

同じ会社に属する人ですから、

どちらか一方の味方となってはくれません。

 

被害者であるのに、味方となってくれる人が少ないのが、

パワハラ・職場いじめの被害者なのです。

 

【3】直接的な支援が難しいなら

パワハラ・職場いじめ・嫌がらせの被害者の味方に、

あなたがなってくれたら、それは嬉しいことです。

 

 

しかし、あなたがその本人の代わりに、

ハラスメント相談室に駆け込むことは難しいでしょう。

行政も、ハラスメント相談室も言うことは同じで、

「本人が直接申し出るように、説得してください」というでしょう。

 

また、そのような行動をとることによって、

あなた自身の立ち位置が不利になってしまう可能性もある。

 

ですから、間接的な支援をしてほしいのです。

 

【4】証拠集めのサポート

あなたは同僚として、その人の近くにいます。

 

その立ち位置でしかできないことが、

証拠集めのサポートです。

 

いつもメモ帳を持ち歩いておいて、

パワハラ行為を発見したら、

その場ですぐにメモを取ります。

いつ、どこで、誰が、誰に、何をしたか、

そして、そのときに周囲に誰がいたかを書いて、

記録してほしいのです。

 

このような証拠があるだけで、

パワハラが解決しやすくなります。

 

また、被害者にとっても、

強い心の支えになります。

 

 

もちろん、証拠があるだけでは被害者は動けません。

おそらく、報復を怖がって、相談機関に行けないでしょう。

そのようなときは、まず、私のような専門家のところに、

相談するようにと勧めてください。

 

 

私については、下記のステップメールに登録いただくのが

一番わかりやすいでしょう。

また、登録いただくと被害メモのテンプレートなども、

ダウンロードできます。

 

もし、あなたが同僚を本気で助けたいなら、

ぜひ私をご紹介いただくか、

このHPをご紹介いただきたいと思います。

minilp-mikuni entry-buttonpwhr

【無料メルマガ】『パワハラ被害者を助けたい!』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 姓  名 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

自分も変わってきた金城さん

 沖縄でコーチをされている    金城将士(きんじょうまさし)さんに、    インタビューしました。        インタビューを申し込んだのは、    6月29日(木) …

パワハラが根本的になくせる時代になる。

政府が、副業・兼業することを、積極的に認めようとし始めました。   もちろん、政府が各企業に命令をできるわけはないのですが、 時代の流れとしては、副業・兼業が当然となる時代が来るでしょう。 …

no image

パワハラに仕返しする方法-最初は過剰な反応がある。

あなたがパワハラ・職場いじめに反撃を始めると、 最初は過剰な反応をしてきます。   怒鳴ってくるかもしれませんし、 大きな声で「何、偉そうに言ってんだ」と、 バカにして笑ってくるかもしれませ …

no image

パワハラに対して「立ち止まる」人は、パワハラから脱出できない。

パワハラを受けたときに「立ち止まる」というのは、無意識の習性の1つです。コーチングでは「アティチュード」と呼ばれます。 これは”意識しなければそのような判断をしがちである”という、判断の習性の1つです …

no image

「パワハラは甘えだ」という人は、ただの勉強不足。

「パワハラは甘えだ。自分達の時代は当たり前だった」という人たちがいる。 過去はうさぎ跳びが当たり前だったけれど、今はそれが身体にとってよくないこととされている。 パワハラも同じで、それはよくないことだ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。