パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラ被害に遭っていても、高いエフィカシーを維持する方法

投稿日:2017年5月12日 更新日:

今回はコーチング編です。

 

パワハラ被害に遭いながら、高いエフィカシーを保つのは簡単ではありません。

そもそも、セルフイメージは、他人の言動によって作られています。

パワハラという、負のアファメーションを受けつつ、エフィカシーを高く保つのは簡単ではないのです。

そこで、大切となるのが取捨選択することです。

two lines across the skyCreative Commons License Manoela Padilha via Compfight

【1】エフィカシーとは何か

エフィカシーとは、「ゴール達成能力の自己評価」です。

自分には、ゴールを達成する能力があることについての自己評価です。

定義上は、自己評価ですので、他人は関係ありません。

 

ですから、他人から何を言われても、エフィカシーは下げる必要はありません。

しかし、実際は、私達は、他人の言動をもとに自己評価をしています。

ですから、他人の言動によって、自己評価を影響されやすいのです。

 

【2】パワハラは、負のアファメーション

パワハラは、あなたに対する直接的な低い評価です。

そのため、それを受け続けると、どうしても自己評価は下がりがちになります。

 

ゴール側のセルフイメージの臨場感を上げる文言をアファメーションと言いますが、これはセルフイメージを高める言葉とも言えます。

その意味で言うと、パワハラは負のアファメーションです。

 

【3】セルフイメージを高く保つ方法

パワハラという負のアファメーションを受けつつ、セルフイメージやエフィカシーを高く保つには技術が必要となります。

特に重要な技術は2つです。

1つはリラックスをする技術、もう1つはエフィカシーを高める技術です。

 

セルフ・コントロールの基本は、リラックスです。

リラックスしていないと前頭前野が働きにくく、自己制御がしにくいのです。

ですから、まずはリラックスを心掛けます。

 

その上で、セルフトークのコントロールをしてエフィカシーを保つのです。

セルフトークのコントロールと言うのは、心の中の声をコントロールすること。

エフィカシーは「ゴール達成能力の自己評価」ですから、自分で自分を高く評価しつづけられればエフィカシーは下がりません。

では、どうやって高く自己評価をし続けるかといえば、それがセルフトークをコントロールすることによってなのです。

 

リラックスを心掛けて、その上で、心の中で自分を徹底的に高く評価し続けましょう。

ゴール側に近づけば「自分らしい」、そうでなければ「自分らしくない」です。

 

パワハラ行為を気にして動けていないあなたは、あなたらしくありません。

現状打破に向けて動いているあなたこそ、あなたらしいのです。

「そんなことできない」と思っているあなたも、あなたらしくはありません。

 

無理はする必要はありません。

ですが、自己卑下はしないでください。

加害者の言葉なんかに、あなたの自己評価を下げさせないでください。

 

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

パワハラを行政に相談に行くときは、法律家といくと対応が変わる。

労基署や労働局に相談に行くとき、 法律家と一緒に行くことで、 対応が大きく変わることがあります。   【1】電話対応から推して知るべし 行政の担当者は、労働問題の専門家のはずです。 しかし、 …

no image

パワハラ被害者は「コーチング」を受けることで、パワハラから脱出できるようになる。

パワハラ被害者の多くは、精神科や心療内科に通院をしています。 そこで定期的なカウンセリングを受けている人も多いでしょう。 しかし、カウンセリングだけでは、パワハラを解決することができません。 カウンセ …

no image

《「利」を切れる》からこそ、パワハラと戦える

『アカギ-闇に降り立った天才』という漫画があります。 その中でアカギが敵から《自分の『利」を切れる男》と賞される場面があります。これはとても深い言葉で、パワハラと戦う場合にはこの「利」を切る行為=損失 …

no image

「パワハラ」に関して知っておきたい、法律知識

パワハラは、法律用語ではありません。 法律用語でないというのは、法律で定義されていないということです。 そのため、パワハラへの対応には、個々の法律に基づくしかありません。 それは民法、刑法、労働基準法 …

no image

パワハラを受けて副業・兼業を考えているが、法律的にはどうなのか?

複数の方から、 副業・兼業についての法律について ご質問がありました。   今回は、大まかに 副業・兼業についての法律について お話ししたいと思います。 Steve Baker via Co …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。