パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラ被害に遭っていても、高いエフィカシーを維持する方法

投稿日:2017年5月12日 更新日:

今回はコーチング編です。

 

パワハラ被害に遭いながら、高いエフィカシーを保つのは簡単ではありません。

そもそも、セルフイメージは、他人の言動によって作られています。

パワハラという、負のアファメーションを受けつつ、エフィカシーを高く保つのは簡単ではないのです。

そこで、大切となるのが取捨選択することです。

two lines across the skyCreative Commons License Manoela Padilha via Compfight

【1】エフィカシーとは何か

エフィカシーとは、「ゴール達成能力の自己評価」です。

自分には、ゴールを達成する能力があることについての自己評価です。

定義上は、自己評価ですので、他人は関係ありません。

 

ですから、他人から何を言われても、エフィカシーは下げる必要はありません。

しかし、実際は、私達は、他人の言動をもとに自己評価をしています。

ですから、他人の言動によって、自己評価を影響されやすいのです。

 

【2】パワハラは、負のアファメーション

パワハラは、あなたに対する直接的な低い評価です。

そのため、それを受け続けると、どうしても自己評価は下がりがちになります。

 

ゴール側のセルフイメージの臨場感を上げる文言をアファメーションと言いますが、これはセルフイメージを高める言葉とも言えます。

その意味で言うと、パワハラは負のアファメーションです。

 

【3】セルフイメージを高く保つ方法

パワハラという負のアファメーションを受けつつ、セルフイメージやエフィカシーを高く保つには技術が必要となります。

特に重要な技術は2つです。

1つはリラックスをする技術、もう1つはエフィカシーを高める技術です。

 

セルフ・コントロールの基本は、リラックスです。

リラックスしていないと前頭前野が働きにくく、自己制御がしにくいのです。

ですから、まずはリラックスを心掛けます。

 

その上で、セルフトークのコントロールをしてエフィカシーを保つのです。

セルフトークのコントロールと言うのは、心の中の声をコントロールすること。

エフィカシーは「ゴール達成能力の自己評価」ですから、自分で自分を高く評価しつづけられればエフィカシーは下がりません。

では、どうやって高く自己評価をし続けるかといえば、それがセルフトークをコントロールすることによってなのです。

 

リラックスを心掛けて、その上で、心の中で自分を徹底的に高く評価し続けましょう。

ゴール側に近づけば「自分らしい」、そうでなければ「自分らしくない」です。

 

パワハラ行為を気にして動けていないあなたは、あなたらしくありません。

現状打破に向けて動いているあなたこそ、あなたらしいのです。

「そんなことできない」と思っているあなたも、あなたらしくはありません。

 

無理はする必要はありません。

ですが、自己卑下はしないでください。

加害者の言葉なんかに、あなたの自己評価を下げさせないでください。

 

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラ問題は、まずはリラックス。それから、対応策を考えよう。

Phalinn Ooi via Compfight   パワハラ問題に対応するには、 何よりもリラックスが大切です。   加害者はあなたを 恐怖によって心理的に 縛り付けようとして …

no image

パワハラ被害者こそ、エフィカシーを上げる技術が必要となる。

コーチング用語に、「エフィカシー」というものがあります。 これは、「自己のゴール達成能力の自己評価」と定義されます。   このエフィカシーをいかに上げるかが、パワハラから脱出できるかどうかの …

no image

攻撃してくる人は、ビビっている。

 「闘争・逃走モード」と呼ばれる脳が状態があります。    攻撃してくる人は、この状態になっています。    では、どんなときにこの「闘争・逃走モード」になるのでしょうか?     …

no image

パワハラの証拠の現実的な集め方

あなたの望む「解決」がどのようなものであれ、「証拠」と「味方」が必要です。 加害者を異動させたい場合でも、ただパワハラ行為を止めさせたい場合でも、「証拠」と「味方」が必要となります。 このうち証拠の集 …

no image

なぜパワハラ被害メモを作らなければならないのか?

  パワハラ被害を受けていても、 それをメモしている人は、ほとんどいません。   たしかにメモを取るのは大変です。 しかし、パワハラ対策においてメモほど大切なものはありません。 & …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。