パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラ被害者はブロガーではなくて、副業・起業を目指したほうがいい。

投稿日:

パワハラを現時点で受けているなら、転職活動は必須です。

しかし、さまざまな理由で転職活動が難しいなら、ぜひ副業・起業を選択肢に入れてください。ただパワハラに耐え続けても、状況は何も改善しませんからね。

ただ、ブロガーを目指すのはお勧めしません。

理由は簡単で、副業・起業よりもハードルが高いからです。

【1】パワハラ被害を受けたら、すぐに転職活動をしよう

パワハラを受けたら、すぐに転職活動を始めましょう。

転職サイトへの登録、転職エージェントの登録は必須です。

これは一度登録さえしておけば、自動的に情報が届きます。

パワハラを受けると、どんどん視野が狭くなっていきます。転職という文字さえ、頭に浮かばなくなります。

そうならないように、自動的に情報が届くようにしておきましょう。

【2】転職が難しいなら、副業・起業を選択肢に入れる

転職がさまざまな理由で難しいなら、副業・起業を選択肢にいれてください。

もちろんいきなり独立起業をするのは無謀です。

副業から始めて、起業に結びつけるというルートを目指しましょう。

もちろん、そのためには「自分だけが社会に提供できる価値は何か?」について考えて、試行錯誤することが必要となります。

大変そうに思われるかもしれませんが、これはそれほど大変ではありません。

ブロガーとして一定の収入を得ようとするより、よほど簡単です。

【3】ブロガーはハードルが高い

独立に向けた副業・起業をするほうが、ブロガーを目指すより簡単です。

ブロガーは一般の方が思っているほど、簡単ではありません。

私は文章を書くことは苦ではありませんし、1日に1万字程度は書くことができます。そして、それを日常の一部として行うことができます。

しかし、それでもブロガーの文章量にはかないません。

そして「パワハラ」という分野でさえ、ブロガーの記事は私の記事より上に来ます。

そのような世界にあえて飛び込む必要はありません。

【4】副業・起業は、ブロガーの前段階

副業・起業は、ブロガーになる前段階のステップです。

副業・起業で、クライアントがついていく結果、ブロガーとして働ける道が開けるのです。

これはYOUTUBERも同じです。YOUTUBEを通して依頼を受けることを続けた結果、YOUTUBERだけで働ける道が開けます。

私はYOUTUBEの動画で2000本、ブログ記事だけで600本は出しています。もともとなるつもりは全くありませんが、まだまだ専業でブロガー、YOUTUBERになれる状態ではありません。

ブロガーのほうが簡単だと思うかもしれませんが、それは間違いです。

ブロガーのほうがよほどハードルが高いですから、まずは副業・起業を考えましょう。

どのような副業・起業がよいかについては、下記のページを参考にしてください。

パワハラ脱出 副業・起業プログラム
(一般)副業・起業コース コーチ副業・起業コース 料金は、個別説明会(無料)にて公開します。 お申し込みは、下記のフォームからお願いいたします。 お問い合わせは、こちらをご利用ください。 プログラムに詳細説明は、このページの下部にあります。 なお、このプログラムについては、電子書籍・有料動画プログラムもあります。金銭面でご不安な方は、こちらをまずご利用ください。 【電子書籍】 パワハラ・職場いじめを脱出するための副業・起業プログラム 【動画プログラム】 実践!パワハラ・職場いじめを脱出する『副業・起業プログラム』 【個別説明会お申し込みフォーム】 【厚労省は副業を促進している。】 厚生労働省は平成30年1月に副業・兼業についての新しいガイドラインを出しました。 それが『副業・兼業の促進に関するガイドライン』です。 【このプログラムの対象】 このプログラムは、次のような方を対象としています。 パワハラなどによって、退職・転職を考えている。 職場内での人間関係に疲れている。 年齢のため転職することが難しい。

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

会社を辞めたいと思ったついでに。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

40代、50代になっても同じ会社に居続ける理由今や多くの人が経験する転職。特に若手の場合は入社後数年で退職するという例も少なくなくなった。一方、転……….≪続きを読 …

no image

「殺すぞ」は、当然にアウトのパワハラ

厚生労働省は、パワハラの6類型を出しています。 その中でも、「精神的な攻撃」は、   原則として、 パワハラに該当する類型だと言われています。   【1】「殺すぞ」は「適正な業務の …

no image

あなたは、無能な上司の元にいるべきではない。

パワハラ・職場いじめ被害者に対して、 やっと副業・起業を勧める人が出てきたと思ったら、 私のプログラムの紹介記事でした。   パワハラ被害者にこそ、副業・起業という選択肢は必要です。 そして …

no image

パワハラ問題について、あなたの会社が頼りになるか?

あなたの会社は、パワハラ問題について、 どれだけ頼りになるでしょうか? それを簡単に判断する方法があります。   【1】「あかるい職場応援団」を知っているか 『あかるい職場応援団』というサイ …

no image

職場のハラスメントに取り組むべきは誰か?【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

【理論編】 職場いじめ・パラハラ・セクハラが、 放置される会社に未来などありません。 あなたがその被害を受け、 または、 他の人が被害を受けていることに気づいたら、 あなたが考えるべきは「どうやったら …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。