パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

行動している姿を公表することで、支援者が出てくる

投稿日:

 

【1】失敗と成長が観れる動画

YOUTUBEでゲーム実況をされている「midna light」という方がいらっしゃいます。

私はこの方がチャンネル登録者が500人くらいのときから、動画を観ていました。その動画のスタイルに興味を惹かれたからです。

midnaさんの動画は、失敗と成長を繰り返すものです。何度も何度も失敗しつつ、ゴールに向かっていきます。その成長する姿に引き込まれるのです。

 

【2】練習する姿をライブ配信で見せる

midnaさんは、現在、ほぼ毎日、練習風景をYOUTUBEライブで配信されています。

そして、現時点で、あるコースをクリアするために、すでに30日を費やしているのです。1回の配信は3~4時間あるときもありますから、もしかしたら100時間以上は費やしているのかもしれません。

明らかに努力をしている姿を見ることができるので、応援したい気持ちになるのです。

 

【3】支援者は、動いている人を応援する

努力している姿を明確に見せること、これは支援を受けるためには必須です。

パワハラ被害を受けているときも、これは同じです。被害者が、誰かを仲間、味方にしたい場合は、被害者が努力している姿を明確に示す必要があるのです。

しかも、その姿は影の努力ではなくて、公の場で行われる必要があります。誰にとっても明白な形で、あなたが解決に向けて行動を取っていることを示すことで、周囲の人はあなたの努力を認めざるを得なくなります。

そこまで明白に示すからこそ、支援をしてくれるようになるのです。

支援者は、自ら動いている人を支援するのです。

 

【4】解決に向けた行動を、共有する

あなたが本気でパワハラの解決を望んでいるのであれば、解決に向けた行動を取り、それを共有するようにしましょう。

最初は匿名でTwitterやブログで共有をしてみるのがよいかもしれません。あなたが行動を公の場に書き示すことで、本当に味方が生まれるのかを確認してください。

あなたが、あなたがどのような目的で、どのような解決策を実行しているのかを書き留めれば、必ず支援者が現れます。人間心理として、あなたを放ってはおけなくなるのです。

今まであなたが十分に努力されてきたことは、私は知っています。しかし、今度はそれを公の場で行うようにしてもらいたいのです。

あなたが、あなたの努力を人目につくようにすればするほど、あなたの支援者は増えてきます。

ですから、あなたの名前も、会社の名前も、加害者の名前も偽名や匿名でよいので、あなたが解決に向けて取っている行動を書き記していくようにしてください。

そして、そのようにすれば、本当に支援者が出てくることを実感してください。

もし実感ができたら、次は職場で実行しましょうね。

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラは心理戦

パワハラは心理戦です。 いかに加害者の心を折るかです。   【1】加害者は、反省などしない 誰でもそうですが、自分が悪いと思っていることはしません。 誰でも自分は正しいと思っています。 &n …

no image

証拠が、味方を作り出す。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

「分数できない」社員の指導法は? 「傷つけてパワハラ呼ばわり」は困る近年問題化するケースが増えてきている「パワハラ」。悪質なものが明るみに出るのは必要なことだが、上司や……&# …

no image

パワハラ脱出に役立つメルマガ

パワハラ・職場いじめ・嫌がらせから脱出するための、 具体的なステップを書いたメルマガを無料で提供しています。   職場で無視されたり、悪口・陰口を言われたり、 雑用を押し付けられたり、無謀な …

no image

パワハラは、全員のハッピーを奪う

【1】パワハラにはデメリットしかない    私がパワハラ支援を通して感じるのは、    パワハラにはデメリットしかない、ということ。     被害者はもちろん、    そ …

no image

パワハラに対して言い返せない自分を責める必要はないし、むしろ責めてはいけない。

言い返せない自分を責める必要はありません。 自分を責めるのは、自己肯定感を下げてしまいます。 自己肯定感が下がると、悪循環が起きますので、むしろ自分を責めてはいけないぐらいです。 — パワハラ解決!法 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。