パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラに対して怒りにまかせて反撃するのは得策ではないが、何もしないよりは絶対にいい。

投稿日:

パワハラと戦うときは、しっかりとした戦略を持つことが大切です。

怒りに任せた行動を取るのではなくて、ゴールを定めて、そのゴール達成のために理性的に行動を起こしていくことによって、解決が早くなります。

しかし、パワハラを受けたら誰でも感情的になってしまうものです。

ですから、感情的に反撃をしてしまうこともあるでしょう。

たしかに長期的にみれば、感情的な反撃は少し遠回りになります。

しかし、反撃すること自体は悪いことではありません。解決に向けた行動を行わずに、ただ我慢し続けるよりは、突発的であっても反撃行動に出るほうが絶対にいい。

あなたのその反撃行動によって、加害者はあなたに対して警戒心を強めます。あなたに対して、攻撃を躊躇するようになります。直接的な攻撃は避けるようなり、間接的なものをしようとするようになるでしょう。間接的な攻撃をしてきたいたなら、その攻撃の頻度は少なくなるでしょう。

加害者は自分の攻撃が当たり、あなたの攻撃が自分に届かない状態でしか、あなたを攻撃してきません。自分の安全が確保されている状態でしか、あなたを攻撃してこないのです。

ですから、あなたが感情的であっても反撃を加えたことで、加害者はあなたに対して強い恐怖を抱いたことは間違いありません。

ですから、反撃したこと自体を後悔する必要はまったくありません。

大切なことは、この行動を次の行動に結びつけることです。

反撃行動に出た流れに乗って、次の一手を打ちましょう。上司やハラスメント対応部署に相談するのもよいでしょうし、外部の相談機関に相談するのもよいと思います。

どのような行動であっても、それを解決に向けて活かすことはできます。

どんどん行動を起こしていきましょう。

あなたなら、それができます。

ぜひさらなる行動をお越し、一気に解決をしてしまいましょう。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラを受けているときに、自己肯定感、自己効力感を保つ方法

パワハラを受けると、誰でも自己肯定感や自己効力感が下がります。 自分の人格・性格、能力に対して自信を持てなくなるのです。 自己肯定感・自己効力感が下がれば下がるほど、パワハラ解決に向けた行動が難しくな …

no image

重要で”ない”分野のゴールを立てることで、辛い現状を抜け出せる。

現状から抜け出したいときに大切となるのが、ゴール設定です。   目的地を決める、到着点を決める、と言ってもよいでしょう。 ゴールがあるからこそ、現状を抜け出すためのモチベーションが生まれます …

no image

パワハラを受けたら、すぐに辞めるのが賢明な判断。

パワハラを受けたら、すぐに辞めるのを考えるのが賢明です。 もちろん、指導監督する立場にある人への相談や、加害者への警告などはしたほうがよいでしょう。 しかし、それらをしてもパワハラが放置され、もしくは …

no image

行動している姿を公表することで、支援者が出てくる

こういう動画を観ると、やっぱり人気が出る人は違うなと思います。https://t.co/4lwzt8ySfW — パワハラ解決コンサルタント 三國雅洋 (@artof_challenge) 2017年 …

no image

パワハラから脱出するために、バリュー・プロポジションを確認する。

バリュー・プロポジションという概念があります。 これは、次の3つを満たす価値のことです。 自社が提供できる価値 顧客が望んでいる価値 競合他社が提供できない価値 つまりは、自社だけが顧客に提供できる価 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。