パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

休職や連休を利用して、パワハラへの対応策を冷静に考えることで、道は開ける。

投稿日:

パワハラを受けている最終は、どうしても視野が狭くなります。

脳が「闘争・逃走」状態にあるからです。

「闘争・逃走」状態は、熊から逃げたり、熊と戦おうとしている状態であり、長期的な視点に立つことができません。

しかし、その短期的な行動だけでは解決できないからこそ、パワハラは長期化してしまいます。

ですから、一度、長期的な視点に立って、解決策を考える時間が大切となるのです。

大型連休や、休職している期間は、そのような時間として最適です。

リラックスできる環境の中で、冷静に考えてみましょう。

あなたはどのような解決を望んでいるでしょうか?

そして、あなたにはどのような解決策があるでしょうか?

これらを紙に書き出していきましょう。もしくは、スマホなどの音声入力を使って文字にしましょう。パソコンに打ち出すのも悪くはありませんが、書くほうが思考スピードに追い付きやすいため、書く方がお勧めです。

そして、文字情報にすることによって、脳が冷静になれますから、文字にしましょう。だからこそ、書き出すか、音声入力で文字にするのです。

文字を見ながら冷静に考えることで、あなたが本当に望んでいる「解決」の形が見えてきます。

そして、その解決をイメージしながら、解決策を書き出すことで”解決できる”という自信も生まれてきます。

頭の中で考えるだけでは生まれてこない解決策も、書き出すことで出てきます。

ですから、あなたを信じて、書き出してみてください。

そして、無理をしない範囲で実行できるものを、実行に移していきましょう。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラ加害者の心理とは?

パワハラ加害者は、なぜあなたを攻撃するのでしょうか。 それは、「快適領域」というもので説明ができます。   【1】快適領域とは? 「快適領域」は、コーチング用語です。 ホメオスタシスのフィー …

no image

パワハラに耐えられないなら、すぐに辞めるのが得策。

パワハラに耐えても、何も得るものはありません。 むしろ、精神・身体を蝕まれてしまうだけです。 ですから、可能であれば、すぐに辞めるのが得策です。   【1】パワハラに耐えて、得られるもの パ …

no image

パワハラを受けて「辞めたい」と思ったら、退職のリスクを減らすために動き出そう。

パワハラを受けていても、人間は現状を維持しようとする性質があります。これまでどおりであろうとするのです。 これまでどおり職場に出向き、これまでどおりの対応をしようとします。 これまで通りのほうが楽なの …

no image

パワハラ加害者に罪悪感はないので、耐えればエスカレートする。

被害者は「自分が悪い」と考え、加害者は「お前が悪い」と考えます。 パワハラはこの構図ですので、耐えるようになると必ずエスカレートします。 耐えることで問題解決にはならないのです。 — 三國雅洋:パワハ …

no image

パワハラで会社を辞めたいけれど、同僚に迷惑をかけたくない。

パワハラに遭っている人には、優しくて、勤勉で、有能な人が多いです。 ですので、責任感が人一倍強い傾向があります。 そのため、迷惑をかけたくないと思って、辞められない人が多いのです。   会社 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。