パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

経営者として、組織内のパワハラ風土をなくすためにするべきこと

投稿日:

パワハラの加害者が複数人いる場合、1対1に持ち込むのが基本です。

そして、もっとも加害行為を止めさせやすい人から取り組むのが基本です。

パワーゲームですから、削りやすいところから確実に削るのです。

【1】「人数」というパワーを削る

加害者が複数になった場合、そこには「人数」というパワーが生まれます。

SNSで炎上するときも、その背景には「人数」というパワーの存在があります。言い換えると、自分は反撃を受けないという安心があるからこそ、他人を攻撃するのです。

パワハラをしている加害者グループも、同じです。被害者から反撃はされないし、会社からもお咎めは受けないという安心感がどこかにあるのです。

この思い込みは、「人数」というパワーから生まれます。

ですから、「人数」というパワーを削るのです。

【2】1対1に持ち込む

複数人を相手にする場合は、1対1に持ち込むのが基本です。

相手が複数人だからといって、複数人を一度に相手にしてはいけません。加害者グループを一度に指導してはいけません。

まずは1人を選び、その1人にパワハラ行為をさせないようにするのです。

そして、その1人がパワハラをしなくなったら、次の相手に取り組むのです。

1人ずつ確実に削っていくようにするのです。

【3】削りやすい相手から削る

複数人でパワハラをしている場合、その中には確実に”腰ぎんちゃく”がいます。

簡単に言えば、自分の信念ではなくて、周囲に流されてそれをしている人です。

そういう人は、もっともパワハラ行為を止めさせやすいので、まずはその人を削ります。

もっとも説得しやすい相手から、説得をしていきます。

【4】やすり攻めで責める

オセロでやすり攻めと呼ばれる手法があります。

これは、”絶対にひっくり返されない石を、少しずつ増やしていく”という方法です。

これは組織内のパワハラ対策にも使えます。つまり、パワハラをしない人を1人1人確実に増やしていくのです。

躊躇半端に全体に指導を繰り返すよりも、1対1で確実に減らしていくのです。

「人数」を相手にする場合は、1対1で確実に1人ずつが基本となります。

もちろん、トップからのメッセージや、ポスターの掲示なども大切ですが、複数人相手の場合は1対1に持ち込むのが基本ですので、これをどうか忘れないでください。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

パワハラ・職場モラハラから脱出する第一歩は、気付くこと

パワハラ・職場モラハラから脱出する第一歩は、気付くことです。 あなたが受けていることが、パワハラ・職場モラハラだと気づくこと。 パワハラ・職場モラハラは、言葉としては社会的に広まってきました。 しかし …

no image

「パワハラをされるのは嫌だ!」がパワハラ解決の出発点になる。

パワハラを受けている状態なら、まずはそれが嫌だということを認めてください。 そして、どうすればその嫌なことを減らせるのかを考えましょう。 嫌だという本音にフタをする必要はありませんし、我慢する必要もあ …

no image

自己犠牲はゼロサムゲームの世界観が生み出す。

「いい人」は、自分を犠牲にして、 相手のゴール達成をサポートしようとします。   しかし、それは結局、ゼロサムゲームの中で生きていることになります。 誰かが得をしたら、誰かが損をするという世 …

no image

職場で嫌がらせを受けるのは、嫉妬が原因

  職場で嫌がらせを受ける原因で、 もっとも多いと思われるのは、嫉妬です。   嫉妬が原因のパワハラは悲惨です。 嫌味・悪口・陰口という形でされるので、 直接的な証拠が残りにくく、 …

no image

「いい人」こそ、自分らしさを大切にするべきだ。

「いい人」は、自分よりも相手を優先しようとします。 その結果、自分らしさを表現できなくなっていきます。   それが、攻撃する側にとっては、 恰好の攻撃材料となるのです。   加害者 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。