パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

仕事が長続きしない人がやるべき1つのこと

投稿日:

どうしても、仕事が長続きしない人はいます。

そのような人こそ副業を始めましょう。

収入源が複数あることで、仕事が長続きしやすくなるからです。

【1】仕事が長続きしない人はいる

1つの仕事が長続きしない人はいます。

どの職場でも、人間関係でトラブルを起こしてしまう人もいます。

それは決して悪いことではありません。

ただ、「1つの職場に長く勤めること」に、適性が少ないだけです。

【2】複数の仕事を持てばいい

長く続けられないことに対して、コンプレックスをお持ちかもしれません。

しかし、それは全く必要ありません。

複数の仕事を持てばいいだけだからです。

1つの仕事、1つの職場が正しいのではありません。

仕事は複数、職場も複数あっていいのです。

【3】副業を始めよう

複数の仕事、職場を持つには、「兼業」と「副業」があります。

兼業ができるなら、兼業をしたほうがよいです。

しかし、兼業にはさまざまなハードルがあります。

そうなると、副業がもっとも現実的です。

【4】小さく始める

副業を始めるなら、小さく始めましょう。

うまく行かなくても困らない程度に、コストを掛けるようにするのです。

自分が許容できるリスクのみをとっていきましょう。

無料でできることは、無料で始めましょう。

初期投資、仕入れなどは、ゼロが理想です。

自分がすでに持っているものを使って、始めましょう。

【5】撤退を前提に始める

副業も、撤退することを前提にしておきましょう。

一度始めたからといって、それを続ける必要はありません。

続かなくてもいいと思えるからこそ、始められます。

【6】縮小して続けてもいい

副業は、比較的、簡単に辞めることができます。

しかし、辞めたくはないと思えば、縮小して続けることもできます。

完全に辞めるのではなく、縮小して続けられるのが副業のよいところです。

辞めたくないなら、顧客から求められる範囲で続けていけばいいのです。

このように考えておくと、副業を始めやすくなります。

【7】いろいろな副業を同時にする

小さく、多くの副業を始めてみてください。

その中の大半は、うまく行かないと思います。

しかし、うまく行かなくても何も困ることはないはずです。

自分が困らない範囲でのみ、資金と労力を注いでいるからです。

そして、中にはうまく行くものも出てくるでしょう。

そうしたら、それを育てればいいのです。

最初からうまくいく副業などありません。そして、最初からうまく行く方法もありません。

誰かがうまく行った方法が、あなたもうまく行くとは限りません。

結局は運が大きく影響するものだからです。

ですから、自分がやってみたいと思える副業は、無理をしない範囲で、全部取り掛かってみましょう。

【8】小さく、多くの副業に取り掛かる

小さく、多くの副業に取り掛かりましょう。

うまく行くものが出てくるまで、いろいろと試しましょう。

この試行錯誤の中で得た知識や技術は、必ず何かの役に立ちます。

1つの仕事で定期収入を得ながら、その収入を利用して副業で試行錯誤を行っていきましょう。

これは決して楽な道ではないですが、1つの仕事が長続きしない人にはお勧めの道ではあります。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラ被害者支援で大事なことは、被害者の自己尊厳を取り戻すこと。

パワハラは当然、法的に問題となります。 しかし、被害者の視点に立、自己の尊厳に関わる問題では、加害者が法的責任をとったかどうかはそれほど問題ではありません。 大事なのは、被害者が自分の自己尊厳を取り戻 …

no image

【独立・起業】《自分のすべてを「ブログ」に集積》する。

独立・起業においては、フローをストックに変えていくことが大切です。   人気ブロガーの「かん吉」さんは、ご著書の中で次のようにおっしゃっています。 行動のすべてを「自分の価値=自分のブランド …

no image

行政にパワハラ相談に行く前に、電話相談をしておこう

行政機関(労働局・労基署)にパワハラ相談をするときは、 まずは電話相談をするようにしましょう。 予約を取らずに行くことも可能な場合が多いですが、 まずは電話で相談しておくほうが、さまざまなメリットがあ …

no image

パワハラは、「加害者が100%悪い」と思っていればいい。

パワハラ被害者にとりあえず覚えておいてほしいのは、「加害者が悪い」と思っておけばよいということ。 加害者が「自分にも悪いところがあると思うけれど」と言わない限りは、そう思っておいていい。 — パワハラ …

no image

パワハラ相談をするときは、伝えたいことを文書にしておくことが大切。

パワハラについて、パワハラ担当者に相談するときは文書で相談するようにしてください。 被害に遭っているときは、どうしても感情が高ぶってしまいます。 ですから、伝えたいことは書き出しておいて文書で伝えまし …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。