あなたが、わがままだと言われる理由【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

仕手筋元代表ら再逮捕=風説の流布容疑-東京地検
 仕手集団元代表らが相場操縦容疑で逮捕された事件で、株価をつり上げるため根拠のない情報をインターネッ……….≪続きを読む≫

 子供と一緒にいる時間が増えたのですが、

 その分、子供が仕事場に遊びに来て、
 
 仕事に集中できないこともしばしば。

 アンガーマネジメントの難しさを、久しぶりに実感しています。

【理論編】
 
 ゴールへの最短距離は、悪に手を染めることが多いです。

 経済ヤクザが儲かるのは、すべてをとっぱらってお金に向かうからです。

 自尊心を得るということに、多くの制限を無視すると、いじめ・嫌がらせになります。

 この人たちの共通点は、ゴールが低いことです。

 

 自分だけがお金儲けをしようとするのではなく、

 半径10mの人々も同時にお金が儲かるようにしようとすれば、

 それは立派なビジネスになります。

 たとえば、それはコンサルタントであったり、プロ経営者であったりします。

 

 自分だけが自尊心を高めようとするのではなく、

 半径10mの人々も同時に自尊心を高めるようにすれば、

 教師、講師、コーチなどのビジネスになります。

 

 これらの高いゴールから、中間目標としてのゴールを定めれば、

 自分の自尊心を高めるために、いじめ・嫌がらせをしたりはしません。

 そんなことをすれば、周りの人々への自分の信頼を失ってしまうからです。

 

 短期的なゴールを定めるのはよいことですが、
 
 そのゴールはより高いゴールの中間目標とするようにしましょう。
 
【実践編】

 1 自分のゴールを確認しましょう。

 2 自分のゴールを、半径10mの人々にもメリットとなるゴールに、高めましょう。

過去の嫌な出来事に、縛られてしまっていませんか。
自己肯定感を高く持ち続け、前に進み続けるための
具体的な技術を、無料のメルマガでお伝えしています。
マインドセットを変える3ステップが実践できるようになっているので、
どんどん変化できるようになりますよ。
ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。