トラウマが消える、新年の抱負【トラウマを克服して、強み(稼ぎ)に変える】

必ず実現できて充実した1年を過ごせる! 新年の目標の立て方
2015年ももうすぐ終わり。新年を迎えたら1年の目標を考える人も多いだろうけれど、仕事に関してはこれ……….≪続きを読む≫

明日の昼食は、少し早目に作るよう、

妻からお達しが来ております。

何にしようか、考え中です。

【理論編】

新年の目標の立て方という記事です。

ちなみに、読まなくてもいいです。

脳と心の仕組みからすると、決してお勧めの方法ではないからです。

ちなみに、禁止されるとしたくなることを、

心理学では「心理的リアクタンス」と言います。

とりあげたニュース記事は、読まなくてもいいと本気で思っているので、

あえて書いておきます。

読みたくなった人は、必ず読んでください。

さて、目標設定はとても重要です。

だから、新年の目標を立てることはしてほしいと思うのですが、

そこには条件が2つあります。

1つは「現状の外」、もう1つは「WANT TO」であること、です。

この条件は何度も書いているのですが、それだけ大切だということです。

今回、特に取り上げたいのは「現状の外」という条件です。

「現状の外」というのは、自分の無意識の判断、行動を変えないと達成できないということ。

今の自分のままでは、達成できないぐらいのゴールを立てるということです。

トラウマというのは、脳内の発火パターンが身体にまで影響を及ぼしている状態です。

トラウマ解消は、この発火パターンを変える必要があるのですが、

そのためにもっとも安全な方法が、ゴール設定です。

脳は、必要がない限りは、脳内の発火パターンを変えません。

反対に、必要があれば、自然と発火パターンを変えていきます。

あなたが今までどおりでも達成できるゴールであれば、

脳は発火パターンを変えることはしません。

つまりは、トラウマも残ったままです。

一方で、自分が今のままでは達成できないゴールを掲げると、

脳は、それにしたがって脳内の発火パターンを変えます。

特に、もしトラウマがあるために達成できないようなゴールであれば、

自然とトラウマによる体の影響を下げるようにするのです。

つまり、トラウマを消したいのであれば、

「現状の外」、「WANT TO」のゴールを掲げて、

その実現に向かって邁進することです。

そうするうちに、自然とトラウマの影響力は減り、

ほとんど影響を受けなくなります。

【実践編】

1 ゴール設定の条件を満たすゴールを、1年のスパンを超えて設定しましょう。

2 サブゴールとして、1年間でのゴールを、これもゴール設定の条件を満たすように設定しましょう。

3 1年間のサブゴールから、逆算してタスクを洗い出してみましょう。
  もし、洗い出すことができたなら、それは「現状の内側」です。
  最初のゴール設定を見直しましょう。

トラウマを克服して、強み(稼ぎ)に変える
現在、無料特典『やる気に満ち溢れるようになる、プロの心理テクニック』を贈呈中。
この特典を取得して、学んだ理論を実践に移す具体的な方法を身につけてください。
ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: トラウマを克服して、強みに変える パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。