ちゃんと、不安に身体は反応する。【トラウマを克服して、強み(稼ぎ)に変える】

「運がいい人」の共通点とは? 2016年をハッピーに過ごしたい人におくるヒント
宝くじにおみくじなど、運だめしをしたくなる機会が増える年末年始。もしも、10億円当たったら!? きっ……….≪続きを読む≫

お茶碗を洗うのが面倒なので、

気分転換に記事を書いています。

家事の大変さを実感する毎日ですが、

妻がサボっているわけではないことは、

念のため、付け加えておきます。

【理論編】

私達は、現実に適応しています。

ただ、その現実は、人それぞれ違います。

私たちは、脳が現実だと判断したものに対して、適応しているのです。

運が良い、運が悪いというのも、同じです。

その人の無意識が選んでいる現実が、

「運がよい」にフォーカスをするかどうかで決まります。

不安になって、体調を崩したことは、きっと誰でもあるでしょう。

会社にいくことを想像して、身体が重くなる人もいるでしょう。

ただ、それは物理現実世界では、まだ起こっていないこと。

あなたの頭の中にだけ、あるものです。

それにも関わらず、

その頭の中のイメージに脳は適応しようとして、

交感神経を優位にし、緊張状態を作り出すのです。

脳が、あたまの中の現実に適応してくれるわけです。

この適応反応が強すぎる状態が、トラウマです。

免疫が働きすぎて、アレルギーになっているような状態です。

このアレルギー反応に対する、さらに適応反応の1つが、忘却です。

記憶を忘れてしまえば、それに対して反応することもない、という論理ですね。

ここに、実はトラウマ解消、克服のヒントがあります。

結局は、脳にとってその出来事が「現実」でなくなればよいわけです。

わざわざ忘却しなくても、現実だとは思えないぐらい、遠い感覚にすればいい。

だから、わざわざトラウマを思い出すのは、逆効果。

思い出せば思い出すほど、思い出しやすくなるのは、当たり前で、

思い出しやすくなれば、その臨場感が強まるのも当たり前です。

思い出すのは、自分で過去の経験の臨場感を高めて、自分を追い込むだけ。

自分が達成したい未来の臨場感を、ただ上げ続ける。

情報を集めて、リアリティを高めていく。

何回も何回も想像して、リアリティを高めていく。

脳が「現実」だと勘違いをして、自然と笑みが溢れるぐらいにイメージを鮮明にしていく。

そうすると、脳がそちらに適応しようとしはじめて、情報の整理を始めます。

ゴールに役立つように、情報を整理整頓をし始めるわけです。

ゴールに役立つものを思い出しやすく、取り入れやすく、し始めます。

だから、常にゴールだけを見据えていればいいんです。

そうすれば、自然とトラウマの影響力は減り、弱まっていきます。

ちなみに、プロのカウンセリングを受けている方は、もちろん続けてください。

カウンセリングを受けている最中の、自己判断は大変危険ですからね。、

目的思考というのですが、またそれは別の機会にお話しましょう。

【実践編】

1 不安に思うことを1つイメージしてください。
  例:カウンセリングを完全否定しているみたいで、クレームが来ないか不安。

2 その不安を克服したイメージを1つ想像してください。
  例:クレームが来たときに、冷静に対応している自分をイメージする。

3 どちらも、頭の中の出来事に過ぎないのに、しっかりと身体が反応したことを確認してください。

トラウマを克服して、強み(稼ぎ)に変える
現在、無料特典『やる気に満ち溢れるようになる、プロの心理テクニック』を贈呈中。
この特典を取得して、学んだ理論を実践に移す具体的な方法を身につけてください。
ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: トラウマを克服して、強みに変える パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。