叱る子育ては、危険。【トラウマを克服して、強み(稼ぎ)に変える】

育児書の「叱らない子育て」をするのは実はキケン…!な理由
書店に行くと“叱らない子育て”“子どもを褒めて育てましょう”系の書籍がこれでもかというほどズラリと……….≪続きを読む≫

元旦だというのに灯油が切れてしまい、

一瞬、今日はストーブなしで1日を過ごすのか、(スタンドが休みの可能性が大)

と不安になった私です。

【理論編】

 とりあげたニュースは、叱らない子育ては危険だというものです。

 あなたは熱心な教育者だから感情的になっていいんだよ、というのが趣旨です。

 しかし、新年最初に書いておきましょう。

 叱らない子育てはキケン!は、キケンです。

 情動記憶と呼ばれるものがあります。
 
 強い情動が伴った記憶のことです。

 この情動記憶が、人の行動に大きく作用します。

 私は小さい頃に「しっかりしゃべりなさい!」と怒られた記憶が強く残っているのですが、

 それ以来、「自分はしっかりとしゃべれてないんだ」という意識が強くなって、

 今でもその想いは消えていません。

 簡単に言えば、トラウマになっています。

 このおかげで、人前で話すのがとても苦労しました。

 ありとあらゆるトラウマ、恐怖症は、情動記憶に基づくものです。

 つまり、トラウマは情動記憶の一種です。

 強い情動が一緒になってフラッシュバックするのをトラウマ、

 それが無自覚なものをトラウマと呼ばないだけです。

 つまりは程度の問題であって、法律的に言えば、

 傷ができたら傷害、至らなかったら暴行と呼ぶようなものです。

 

 感情的にならないと、伝わらないということも書いてありますが、

 感情的になったとき伝わるのは、その感情であって、内容ではありません。

 あなたも誰かに怒られた経験を思い出してみてください。

 何に怒られたのかを思い出せるでしょうか。

 ほとんどの場合は、思い出すことができないのです。

 それなのに、自分の行動選択に影響をしている。

 これが情動記憶です。

 怖くないですか?

 ちなみに、心理学的に怒りの最悪の発散方法は、その場で怒ることです。

 心理学的にも、怒りの持続時間が、急激に増えることがわかっています。

 つまり、怒れば怒るほど、怒りはエスカレートしていくわけです。

 当たり前ですね。

 感情は人間に備わった仕組みの1つであり、感情が生じないことはありえません。

 だから、あとはどこで発散するかです。

 子供に対してイライラしたら、外に出て、木でも蹴ればいいじゃないですか。

 家の中にある洋服を、壁に向かって投げつければいいじゃないですか。

 冗談みたいですが、ぬいぐるみやふとんを殴っているほうが、よほどいいですよ。

 木を蹴りに行こうと考えているうちに、少しは冷静になれます。

 もちろん、子供が見ていないところで、ですよ。

 木を蹴ったり、ぬいぐるみを殴るより、

 子供にトラウマを負わせるほうが、大人としてよほど恥ずかしい行為だと思います。

 

 感情的になったら、適切に発散して、

 それから「自分らしくなかったな。」でいいんです。

「感情的になるなんて、すばらしい教育者である私にふさわしくない」

 そう考えれば、自己嫌悪に陥ることもないですよ。

【実践編】
 
1 教育者として、自分が有りたい姿をイメージしてください。

2 そのイメージにそぐわない状態には「自分らしくない。次はこうしよう。」と心の中で唱えるようにしてください。

3 そのイメージにそう状態には、「さすが私だ。」と心の中で唱えましょう。

トラウマを克服して、強み(稼ぎ)に変える
現在、無料特典『やる気に満ち溢れるようになる、プロの心理テクニック』を贈呈中。
この特典を取得して、学んだ理論を実践に移す具体的な方法を身につけてください。
ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: トラウマを克服して、強みに変える パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。