愚痴を言わない簡単な方法【トラウマを克服して、強み(稼ぎ)に変える】

「愚痴を言わない人」になる方法とは?
生きていると色々と面白くない問題が次々に出てきて、ともすればそれを誰かに愚痴りたくなってしまうもので……….≪続きを読む≫

ジョジョ第5部の、

最終巻の1つ前まで読み終えました。

お預け状態で、悶絶しそうです。

【理論編】

「愚痴を言わない人になる方法とは?」という記事を読んでみました。

 記事に書かれていない方法で、私がお勧めなものは、

 セルフトークのコントロールです。

 セルフトークは、日本語では内言、内言語と呼ばれますが、

 簡単に言えば、心の中の声です。

 この文章を読むときに、おそらく声に出さずに、心の中で声にしているでしょう。

 それがセルフトークです。

 

 このセルフトークは、

 基本的にあなたが思う「あなたらしい自分」から生まれています。

 自己イメージというやつです。

 愚痴を言わない人は、どういう人かと言えば、

愚痴を言うなんて自分らしくない」と、心の中で言っている人です。

 愚痴を言う人は、

 愚痴を言ってしまったときに、

 「また愚痴を言ってしまった!」と心の中で言っている人です。

 ですから、

 愚痴を言わない人になるには、「愚痴なんて自分らしくない」という

 自己イメージを作り上げればいいだけです。

 もう少しだけ具体的に言えば、

 愚痴を言うのが自分らしいと捉えているか、

 愚痴を言わないのが自分らしいと捉えているか、です。
 

 愚痴を心の中で言い続けながら、それを押しとどめるなんて無理ですから。

 自己イメージそのものを変えればいいんです。

 その自己イメージをどうやって変えるかですが、

 それはセルフトークを徹底的に変えることで、できます。

 1ヶ月も徹底すれば、本当に変わります。

 この1ヶ月が長いと思うかどうかは、もちろんその人次第です。

 これはトラウマにとらわれている自分についても、もちろん使えるテクニックです。

 もちろん、トラウマの度合いによって1ヶ月程度では変わらない可能性はありますが、

 間違いなく変わることだけは保証します。

【実践編】

1 現在の自分のセルフトークを、意識に上げてみましょう。
 「愚痴を言うのが自分らしい」と捉えているでしょうか。
  それとも、「自分らしくない」と捉えているでしょうか。

2 「愚痴を言わない自分」の自己イメージに沿わない、セルフトークが出てきたら、
  すべて「自分らしくない」と思うようにしましょう。
  
例:「部長の指示があいまい過ぎてわかんねーんだよ。」
  →「こんなことを言っているなんて自分らしくない。
    次は、部長の言語能力の低さを踏まえて、こちらから聞いてあげよう」
  例:「また愚痴を言ってしまった」
   →「愚痴を言うなんて自分らしくなかった。はい、反省終了!」

トラウマを克服して、強み(稼ぎ)に変える
現在、無料特典『やる気に満ち溢れるようになる、プロの心理テクニック』を贈呈中。
この特典を取得して、学んだ理論を実践に移す具体的な方法を身につけてください。
ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: トラウマを克服して、強みに変える パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。