エセポジティブは、ネガティブより100倍マシ。【トラウマを克服して、強み(稼ぎ)に変える】

実はウザい? 男性がポジティブ女を嫌うワケ
「いつもネガティブなことばっかり考えちゃう……」「物事をいいように考えられない。いつもクヨクヨして消……….≪続きを読む≫

わが子3歳を寝かしつけたあと、

違う部屋に行って仕事をしたりします。

ときどき、目を覚まして、大きな声で泣いて、

「ママ~、パパ~」と泣いている声を聞くと、

かわいそうな気持ちの反面、

まだ3歳なんだなと可愛く思います。

【理論編】

今回取り上げたのは、「エセポジティブは嫌われる」という記事です。

私個人の意見でいえば、

ネガティブより、エセポジティブのほうが100倍マシです。

心理学の実験で、老人をイメージするだけで動作を遅くなるという研究があります。

同様の実験ですが、テスト前に教授をイメージした場合、それだけで点数が上がるというものもあります。

ちなみに、モデルをイメージすると、点数が下がるそうですよ。

人間は、イメージにものすごく影響されるわけです。

Facebookが情動の感染力について、

Facebookユーザーの承諾を得ずに実験を行った、というニュースがありました。

このときも、やはり情動の感染力は認められています。

本人がネガティブなのは、本人の自己責任です。

ただ、周りに与える影響を考えると、ネガティブな人は、できれば少ない方がいい。

だから、エセポジティブのほうが、100倍マシです。

しかし、エセポジティブは、もちろん嫌われる可能性はあります。

自己イメージと行動が違えば、そこに必ず不自然な感じが出ます。

やっぱり、自己イメージが大切です。

自分が発しているポジティブワードを、どういう風にとらえているか。

前向きに考えているときに、それを自分らしいと思っているかどうか。

自己イメージと言動が一致しない時、

この矛盾をどうやって解消するかといえば、2通りあります。

1つは、自分はネガティブなんだと、これまでの自分の自己イメージに戻ること。

もう1つは、本当はポジティブなんだという風に、

もっと思い込んでポジティブな自己イメージになりきってしまうこと。

結局は、どっちになりたいか、です。

私は、せっかくなりたいと思える姿があるなら、そこに向かっていけばいいと思います。

宗教っぽいと思われても、いいじゃないですか。

エセにもなれない、ハッタリさえできない人たちの声なんて、

気にしなくてもいいんですよ。

他人の批判が気になりだすのは、あなたが変わり始めている証拠。

ですから、「もっと進め!」のサインと捉えて、どんどん進んでいきましょう。

【実践編】

1 他人の目が気になる状況を想像しましょう。
  例:新しい職場に入って、緊張している。
  例:旅行について、Facebookに投稿すべきかどうかを迷っている。
 
2 他人の目を気にしているとき、自己イメージが高くなっているか、低くなっているかを確認しましょう。
  例:新しい職場で他人の目が気になっているときは、自己イメージが低くなっている。 

トラウマを克服して、強み(稼ぎ)に変える
現在、無料特典『やる気に満ち溢れるようになる、プロの心理テクニック』を贈呈中。
この特典を取得して、学んだ理論を実践に移す具体的な方法を身につけてください。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: トラウマを克服して、強みに変える パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。