好きなものがゲームでもOK?【トラウマを克服して、強み(稼ぎ)に変える】

ゲームのしすぎで失業&離婚…制作会社に賠償請求中!
どこまで訴えが認められる? ゲームにはまってしまうことって、だれにでもあるものです。でも、だ……….≪続きを読む≫

[アメーバニュース]

家の前で、自動車同士の事故がありました。

特に怪我がなさそうでよかったです。

【理論編】

ゲームに3週間に熱中し続けたため、

会社をクビになり、離婚にもなった。

だから、ゲーム会社を訴える!という記事です。

コーチングでは、「WANT TO(~したい)」を大切にします。

自分がしたいことを大切にしよう!という立場です。

ただし、「自己責任」です。

記事の男の人は、

「会社に行かなければならない。」VS「ゲームをしたい。」で、

ゲームを選び続けました。

それを選んだのだから、

そこから当然に生じる結果は、自分が引き受けなければなりません。

自己責任というのは、

ゲームをし続けたことによる結果を、

「自分以外の責任にしない。」ということです。

ゲームをし続けたことを、ゲーム会社の責任にしない。

離婚に至ったことを、ゲーム会社の責任にしない。

なぜ自己責任が大切かといえば、

他者の責任にした時点で、「しなければならなかった」に変わるからです。

ゲームをしたいと思って始め、

ゲームをし続けたいと思って続けたはずですが、

ゲーム会社の責任にした途端に、

「ゲームをし続けなければならなかった。」に変わっている。

せっかく「したい」を選んだのに、「しなければならなかった」ものとして、

記憶としては残るわけです。

だから、自己責任が大切なのです。

自己責任を取っている限り、

その記憶は自分がしたい記憶として残るのです。

好きなことをしたなら、その結果は自分で負いましょう。

そうしなければ、せっかく好きなことをした記憶も、

強制されて仕方なくした記憶に、なってしまうからです。

【実践編】

1 好きなことをした記憶を思いだしてみましょう。
  例:上司に思う存分反論した。

2 その結果を、他者の責任にしてみましょう。
  例:上司が悪いからだ。

3 1と2で、浮かんだ感情の違いをかみしめて下さい。
  例:1はすっきりした気分でいたが、2を想像した途端に腹が立った。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: トラウマを克服して、強みに変える パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。