職場のハラスメントに取り組むべきは誰か?【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

【理論編】

職場いじめ・パラハラ・セクハラが、

放置される会社に未来などありません。

あなたがその被害を受け、

または、

他の人が被害を受けていることに気づいたら、

あなたが考えるべきは「どうやったら辞められるか?」です。

ハラスメントが「放置される」というのは、

解決権限がある人が動かないことを言います。

もっと具体的に言えば、

人事権者が動かないとき、放置していると言ってよいのです。

社長や店長しか、その加害者に対して人事権を持たないのに、

社長や店長が解決に乗り出さないなら、

それは放置しているのと一緒です。

たとえ、直属の上司が形式上動いていたとしても、

たとえばその上司に人事権がないなら、

放置しているのと同じなのです。

学校のいじめがなかなか解決しないのは、

学校の先生に、生徒の人事権がないからです。

つまり、出席停止が、事実上、できないからです。

辞めさせればよいと言っているのではなくて、

辞めさせることができる人が出てくることが、

加害者にとっての、一番の抑止力になるということです。

上司からただ叱られるのと、人事部に呼び出されて叱られるのでは、

加害者にとっては意味が違うのです。

この意味で、社長やトップがハラスメントしていたら、もうダメです。

とっとと辞めないと、あなたの心が傷つくだけですよ。

【実践編】

1 ハラスメントに対して、誰が対応しているかを確認しましょう。
  その人は、人事権を持っている人でしょうか。

2 人事権を持っていない人が対応している場合は、人事権を持つ人にコンタクトを取りましょう。
  もし、人事権を持つ人がいない(トップなど)の場合は、辞める算段を始めましょう。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。