リラックスがあなたの心を守る。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

【理論編】
退職できないジレンマを抱えている間、

どのように自分の心を守るかは重要なポイントです。

自分の精神を守るために欠かせないのは、

リラックスする技術。

これは言い換えると、

「闘争・逃走モード」から脱出するための技術です。

理性と感情は同居しません。

理性優位状態と感情優位状態の2つのモードがあります。
心理学では「停止・計画モード」と「闘争・逃走モード」とも呼ばれます。

危機に陥ると、人間は「闘争・逃走モード」に入ります。

この状態は緊張状態であり、

理性的な判断力が落ちている状態です。

簡単にいうと、焦って、ドジをしやすい状態です。

退職できないジレンマ状態にあるときは、

基本的には「闘争・逃走モード」にあります。

現代の日本において、

理性が必要とならない仕事はまずありません。

ですから、ジレンマ状態では生産性が一気に下がります。

つまりは、ドジをして怒られ、

怒られて緊張状態が高まり、

生産性が低くなって、さらにドジをする、

という悪循環が起こります。

ですから、自分の心を守るための第一ステップは、

「闘争・逃走モード」から抜け出すこと。


つまりはリラックスすることです。

心理学的には1分間に4~6回の深呼吸をすることで、

リラックスモードに入れることがわかっています。

ですから、何かネガティブな感情を感じたら、

すぐにリラックス、特に深呼吸を心掛けてみましょう。

これをすることによって、悪循環から逃れやすくなりますよ。

【実践編】

1 過去の少し嫌なことを思い出しましょう。

2 深呼吸をして、感情をコントロールしましょう。 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。