パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラに負けないための、セルフコーチング

投稿日:2017年5月6日 更新日:

 

辛い状況にあるとき、コーチングは必須です。

そして、セルフ・コーチングの本も、少しずつですが増えてきたと感じています。

しかし、セルフ・コーチングについては、まだまだ誤解されている部分も多い。

 

そこで、セルフコーチングについて、体系的にわかりやすくまとめた動画を作ります。

 

【1】セルフ・コーチングとは何か

まず、セルフコーチングとは何か、です。

これは、そのままの意味で、「自分自身に対して、コーチングをすること」です。

 

では、次に「コーチングとは何か?」が問題となりますね。

 

【2】コーチングは、「本当のゴール」を見つけるための手法

コーチングとは、抽象的に言えば「本当のゴールを見つけるための手法」です。

つまり、本当のゴールを見つけるという目的達成のための、認知科学に基づいたツールです。

 

本当のゴールというのは、「一生を賭けてでも達成したいと思うこと」です。

そして、「実現不可能かもしれなくても、やりたいと思うこと」です。

人生のゴールと言ってもよいかもしれません。

認知科学というパラダイムに基づいた、人生のゴールを見つけるための手法が、コーチングです。

 

【3】脳や心(マインド)を上手に使えるようにする

 

 

 

 

コーチングは、上記のとおり壮大な目的を持っていますが、そのためのツールにすぎません。

では、コーチングをツールとしたときに、どういう役割を果たすのでしょうか。

 

それは、「脳と心(マインド)の使い方を身に付ける」という点に尽きます。

  • 何もやる気が起きないときには、どうすればよいのか。
  • 達成したいことがあっても、自身が持てないときはどうすればよいのか。
  • 恐怖で足がすくんでしまうときは、どうすればよいのか。
  • やり始めた行動が続かないとき、どうすればよいのか。
  • 他人の批判・非難で前に進めないとき、どうすればいいのか。

 

マインドを上手に使って、上記のような問題を克服し、最終的には本当のゴールを見つけてほしい。

そういうツールが、コーチングです。

 

【4】セルフ・コーチング

そのような想いがこもったコーチングを、自分自身に対して行えるようにするのが、セルフ・コーチング。

 

セルフコーチングはツールだけを取り出せば、セルフコントロールの技術の一種にすぎません。

ですが、そこには上記のような想いがあります。

 

このような想いを踏まえた上で、セルフコーチングを学んでいただけたらなと思っています。

 

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラに打ち勝つために必要なものは、「絶対に味方でい続けてくれる人」

あなたは、もともと強い人です。   なぜなら、陰湿な仕返しをしていないから。   パワハラという、人間の汚い部分を知った上で、 自分は正しくありたいと思っているからこそ、 適法行為 …

no image

パワハラ解決に本当に内容証明郵便が役立つのか?

個別メール相談のリンクです。 ⇒パラハラから脱出する現実的な解決策を知りたい方は、こちら   先に結論を言えば、組織や加害者に対して内容証明郵便を送れる人なら、そもそも、それほど深刻化しませ …

no image

パワハラを受けて仕事を辞めたいけれど、辞めるのは悔しい!

パワハラを受けて仕事を辞めたい! だけど、辞めるのは悔しい! こんな気持ちになりますよね。 今回は、そのような場合の対処法について、です。   【1】まずはセーフティーネットを作る。 仕事を …

no image

パワハラを止めさせたいなら「その場で被害メモを取る」を実行に移す。

パワハラ被害を受けていて、加害行為を止めたいなら、まずは「その場でメモをとる」を実行してみてください。 パワハラ行為があったら、その場でメモ帳を取り出して、日常、内容などをメモしましょう。 — 三國雅 …

no image

パワハラ被害に遭ったとき「自分が悪い」と思うのは、加害者に加担するようなもの。

誰かがあなたを傷つけたからといって、あなたまで自分を傷つけないでくださいね。 あなたはいじめ・嫌がらせに加わるような人ではないはずです。自分への攻撃に、あなたが加わる必要はないんです。誰かが嫌がらせを …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。