パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

過去・現在の自分の根本問題を発見する。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

投稿日:

バリュー・プロポジションを発見したら、

次にその範囲内で、商品設計を行います。

バリュー・プロポジションとは、

「自分が提供できて、他者が提供できない、顧客が望んでいる価値」のことです。

このバリュー・プロポジションに沿っていれば、

あなたのする価値は、顧客にとってかけがえのないものとなります。

さらに、商品設計では、

顧客の根本問題を発見し、

それを解決するような商品を作り出します。

たとえば、あなたが次のような悩みを持っているとします。

・睡眠障害
・嘔吐
・うつ症状
・パニック症状
・涙もろい
・やる気が起きない

これらの1つ1つの症状に対して、

1つ1つの対処をすることは、もちろん可能です。

しかし、これらがすべて

「パワハラ職場に行かなければならないこと」から生じていたら、

1つ1つの対処は、その名の通り、対処療法に過ぎないことになります。

逆から言えば、

職場を変えることによって、

これらの問題がすべて解決できるのであれば、

そうすることを進めるべきでしょう。

今回は、根本問題がわかりやすかったですが、

どうやったら、その根本問題を発見できるか。

これに役立つのが、TOC(制約理論)の現状構造ツリー(CRT)と呼ばれるものです。

この現状構造ツリーを作成することによって、

クライアントが抱える根本問題を発見することができます。

そうしたら、あとはその根本問題を解決するための、

サービスを作り上げるだけです。

このようなサービスを作り上げることで、

顧客の多くの問題を一気に解決できる、

価値の高いサービスを作ることができます。

もちろん、実際の商品設計は、

どろくさい試行錯誤が伴います。

簡単に顧客の根本問題を解決できる商品・サービスはできませんが、

理論的にはこのように行います。

副業でコーチングを行う場合に、

一番困るのはおそらく顧客の設定です。

なぜなら、コーチングはあらゆる分野で役立てるからです。

しかし、顧客の根本問題を解決するようなサービスを提供しようと思えば、

「誰でも来てね」というような広い設定はできなくなります。

ですから、顧客が抱える複数の問題に1つ1つ対応するのではなく、

根本問題を解決するのだという意識をもっていただきたいと思います。

そうすると、自然とあなたの強みが活かされるようなサービスを発見できるでしょう。

次の記事はこちらをクリック

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラ解決に本当に内容証明郵便が役立つのか?

個別メール相談のリンクです。 ⇒パラハラから脱出する現実的な解決策を知りたい方は、こちら   先に結論を言えば、組織や加害者に対して内容証明郵便を送れる人なら、そもそも、それほど深刻化しませ …

no image

現状の外、WANT TOなゴール設定をする方法

今回はコーチングの話です。 コーチングの目的は、「真のゴール」を発見することです。 「真のゴール」とは、自分が一生を掛けてでも達成したいと思うようなゴールのこと。 つまり、現状維持では絶対に達成できな …

パワハラ加害者からのレッテルを剥がせ

パワハラ行為は、エスカレートします。   図々しい人の頼みごとを一度引き受けたら、 当然、次の頼みごとは大きくなりますね。   パワハラ加害者は、他人への攻撃をする人達ですから、 …

no image

パワハラ加害者のために、あなたの人生全体を犠牲にしないためにも、「解決」を明確にしておく。

パワハラに立ち向かうときに、最初に決めておくべきものが「ゴール」です。 あなたが心から望む結末はどのようなものでしょうか? それは異動や転職かもしれませんし、加害者への責任追及かもしれません。 それを …

no image

パワハラに対して、組織は事実認定を重視しすぎている。

パワハラにおいて、組織が加害者にどのように対応するかが、とても大切です。 加害者への働きかけを放置するのは論外ですが、もっとも一般的な対応はこれです。 つまり、「あの人に何を言っても変わらない」と言っ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。