おこちゃまの相手はしなくてもよい。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

ステキ先輩になるためには? 会社でなめられないために「気をつけるべきこと」10
今年も1カ月が過ぎ、いよいよ仕事モード全開になってきたころでは? しかし職場では、自分勝手に努力して……….≪続きを読む≫

【理論編】

上司は、尊敬される人である必要があります。

会社が利益を出すためにも、

上司は尊敬をされていなければならないのです。

尊敬とはつまり、上下関係のあるラポール状態です。

上下関係がある、親近感を持つことです。

これが、暗黙知を伝えるための必須条件です。

言い換えれば、この上下関係のあるラポールがないと、

形式知と伝えることはできても、暗黙知を伝えるスピードが、

格段に下がってしまいます。

あなたのことを信頼も、尊敬もしていない人に、

あなたが何かを教えることなどできません。

だから、尊敬を得るような人である必要があります。

でも、部下は、上司を尊敬する必要なんてありません。

また、尊敬を強要することはできません。

すべては委任契約、または労働(雇用)契約という契約関係です。

役員同士、従業員同士は直接的な契約関係はなく、

よって、対等なのです。

もちろん、上司には指揮命令権はありますが、

それは、あなたが雇用主と間で、契約を結んでいるからです。

その人自身が持つ権力、パワーではなくて、

あなたが雇用主に与えたパワーの一部を、

借りているだけの存在にすぎません。

つまり、上司のパワーの源は、あなたなのです。

パワハラというのは、あなたが与えたパワーを濫用している、

法理論もわからない、調子に乗った勘違いがしていることですから、

そんな人の言葉を、真に受ける必要は全くないのです。

あなたは、パワハラ上司をいつでも倒すことができます。

プロボクサーが、素人を相手にしないように、

あなたも、その人の相手をする必要はありません。

倒せるのはわかっているのですから、

そんな輩の相手をする必要はないのです。

もちろん、攻撃を受けて心が傷つくのは仕方ないとしても、

あなたのセルフイメージ、自己イメージは下げないでくださいね。

高いセルフイメージを、保っていてください。

【実践編】

1 パワハラ上司の権力の源が何かを、真剣に考えてみましょう。

2 その権力の源を崩す方法を、考えましょう。

3 どうしても耐えられないときに、その権力崩しを実行できるように準備しましょう。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: トラウマを克服して、強みに変える パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。