パワハラ職場を辞めたい人に、『人助け副業コーチ』を勧める7つの理由

パワハラ職場にいる人には、

「会社を辞めたくても、辞められない」という
ジレンマがあります。
そして、このジレンマは放置して解決はされません。
そこで、私がお勧めするのが、
人助け副業コーチになることです。
これには7つの理由があります。
1 パワハラ被害者にこそ、別の定期収入が必要。
2 パワハラ被害者に与えられた猶予期間は、最長でも6ヵ月間
3 パワハラ被害者は、クライアントに寄り添うことができる。
4 パワハラ被害者にこそ、セルフコーチングの技術が必要。
5 パワハラ被害者には、優秀な人が多い。
6 無料で行う人助けコーチングは、法律的にも副業となりにくい。
7 パワハラ被害者の人助けコーチングは、副業で始めやすい。
  ・コーチングには資格が不要
  ・すべてをインターネットで完結できるので、匿名も可能。
  ・コーチング副業を始めるときにかかる費用が少ない。
  ・パワハラ被害者は、ブランディングがしやすい。
  ・コーチングセッションは、単価が高く、場所も時間も融通が利く。
  ・パワハラ被害者はコーチング技術を身に付けやすい。
詳細については、また細かくお伝えしていきます。

特に大切なところが、パワハラ職場にいる人にこそ、

セルフコーチングの技術が必須だというところです。

具体的なセルフコーチングの方法についても、

お伝えしていますので、

興味があれば、登録ください。

メール発行スタンドの都合により、

氏名の記入が求められますが、

「匿名 希望」または「Masahiro Mikuni」のような記入でも結構です。
もちろん、偽名でも大丈夫です。
ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: パワハラ脱出副業・起業, 退職できないジレンマを解消する。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。