「職場を変えても同じことが起こる」はウソだ。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

【理論編】

「あなたが変わらないと、

 職場を変えても同じことが起きる」という人がいます。

 

 私も実際に、そういうことを言っている人を、

 何度も見ているのですが、

「どこかで聞いたふうなことを言っているなぁ」としか、

 思いません。

 そもそも、なぜこの職場で変わる必要があるのでしょうか。

 もしあなたに落ち度があって、変わる必要があったとしても、

 あなたは次の職場で心を入れ替えれば、

 同じことは起きないはずです。

 

 少なくとも、

 回復困難度マックスの

 現在の職場から取り組む必要はない。

 

 もし、あなたが、

 そういう困難を乗り越えてこそ人生だと思うなら、

 それはもちろん否定はしません。

 ただ、それは、それぞれの人がもつ目的によるはずです。

 

 物事の価値は、目的によって定まります。

 東に行こうとしている人が、西に向かっていたら、
 
 きっとそれは、非効率的ですよと、私は言います。

 でも、西に行こうとしているなら、まったく問題はないはずです。

 あなたが、その価値観に縛られる必要性はまったくないわけです。

 ですから、現在の職場で立場を回復することにワクワク感を感じないなら、

 取り組む必要性はまったくないと思います。

 

 今、あなたが、その職場で変わらなくてはならない理由など
 
 ないのです。

 あなたが、今、その職場で変わりたいなら、変わる努力をすればよいですし、

 わざわざ今の職場から取り組む必要なんてないと思えば、

 変わればいい。

 他人はあなたの人生の責任はとってくれませんから、

 自分の目的に照らし合わせて、判断すればよいのです。

【実践編】

1 自分の目的・ゴールを決めましょう。

2 ゴールに照らし合わせて、他人の言動を評価するようにしましょう。

 メンタルコントロールの技術については、

 こちらの記事もおすすめです。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。