理想がないのは、大きなリスク【退職できないジレンマを解消する。】

【理論編】

 私の座右の銘は「無理はしない。」です。

 アメブロのプロフィールにも、ちゃんと書いています。

 

 その上で、ですが、

 ちゃんと理想を見てほしいと思っています。

 

 理想を持っていないと、

 現実が見えないからです。

 

 現状維持に邪魔となる情報を、

 脳はわざわざ取り入れようとはしません。

 

 退職したいと思い始めたら、

 数ヶ月のうちに、

 多くの人が体調を崩し始めます。

 分かりやすいところで言えば、

 職場を思い出すだけで憂鬱になったり、
 
 休みの日に寝ていることが多くなったり、
 
 趣味の時間をとらなくなったり、

 そのような症状が出てきます。

 

 しかし、多くの人はその兆候に気づかない。

 もしくは、気づいたとしても無視をしてしまいます。

 理想を持たないことは、

 大きなリスクであることを、

 ぜひ知っておいてほしいと思います。

 自分が本当にしたいことを忘れれば、

 一時は、その苦しみから逃れることはできます。

 しかし、その苦しみは少しずつたまり、
 
 精神的な不調にまで発展してしまいます。

 まだ耐えうる今の時期に、しっかりと理想を思い出し、

 理想と現実のギャップから、現状をしっかりと見つめて

 対処をとっていくようにしましょう。

 

 具体的な方法論については、

 下の方にある、あざとい画像をクリックして、

 無料講座でお読みくださいね。

【実践編】

1 ゴールを設定しましょう。

2 ゴールと現実のギャップを感じましょう。

3 ギャップを解消するための行動を書き出しましょう。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 退職できないジレンマを解消する。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。