パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

退職できないジレンマを解消する。

ゴール設定は、検索エンジンのごとし【退職できないジレンマを解消する。】

投稿日:

「せどり」はおすすめしないという記事を書いたら、

「せどり」で検索してくる人が増えました。

 これは、脳の仕組みととても似ていると思います。

 
 
【理論編】

 心理学で、プライミングと呼ばれる現象があります。

 たとえば、「虫」という言葉を示しておいて、

「くも」という単語を見せると、

 虫のクモに対する反応速度が上がる。

 反対に、「空」という単語を示しておいて、

「くも」という単語を示すと、

 雲に対する反応速度が上がります。

 

 つまり、人間の脳は、

 ある入力に対して、自動的に反応をしてしまうことがある。

 これが、脳は否定形を理解できないといわれる根本理由です。

 

「会社に行きたくない」と思っているとき、

 脳には必ず一瞬、会社に行く様子が浮かびます。

 そして、それを打ち消しているのです。

 

 打ち消してはいますが、一瞬思い浮かんでいるので、

 たとえば、「道路」と言われて思い出すのは、

 たいていは、通勤途中で自分が見ている道路になります。

 否定しても、プライミングは働くわけですね。

 これが、「せどり」事件と似ているわけです。

 私が「せどり」とブログ記事に書いたために、

 それをキーワードに検索して入ってくる人が増えたわけです。

 

 昔から、縁起の悪い言葉は口にだすなと言いますが、

 それは、意識がそちらに向いてしまうから。

 自分が増やしたくないものを、増やしてしまうからです。

 

 ですから、自分が何を望まないかではなくて、

 自分が望むものに意識をフォーカスするようにしましょう。

 そうすることで、少なくとも、

 見たくないものを見る回数は減ります。

 自分が本当に進みたい方向に、力を注ぐことが

 しやすくなりますよ。
 
 
【実践編】

1 ゴールを、肯定文で書きましょう。

2 ゴールに意識を向け続けましょう。

関連記事

 理論的な立ち位置のまとめ

-退職できないジレンマを解消する。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラ・職場いじめに、ただ耐える必要はない。

 当然ですが、    パワハラ・職場いじめに、    ただ耐える必要はありません。        もちろん、    後先を考えずに退職したり、 &nb …

no image

ポジティブ思考の罠

 私はポジティブ思考肯定派ですが、    ポジティブ思考には、大きな罠があります。          それは、「置かれた場所で咲きなさい」になってしまうことです …

no image

パワハラ・職場いじめの根本原因と解決策

 会社に行きたくない。    夜、眠れない。    朝、起きると胃がキリキリする。    出勤前に、吐き気がする。    パワハラ・職場いじめは、このような症状を引き起こ …

no image

身体に異変が出てきたら、緊急事態です!

 息子の幼稚園に、    歩いて連れて行くのですが、    今日は少し雨が降っていました。        息子専用の小さい黄色い傘をとって、    息 …

no image

パワハラを受けそうな予感があるときは、メモ帳を取り出そう。

パワハラに遭いそうな予感を感じたら、メモ帳の位置を確認しましょう。 そして、怒鳴られたり、嫌味を言われたり、無視されたり、悪口を言われたりしたら、その場でメモ帳を取り出してください。 書き込むかどうか …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。