パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

退職できないジレンマを解消する。

労働は面白くないが、仕事は楽しい。【退職できないジレンマを解消する。】

投稿日:

【理論編】

 会社を辞めたいけれど、辞められない。

 その理由は、さまざまあると思います。

 しかし、その1つ1つの理由は、

 症状に過ぎないかもしれません。

 

 血が出ているというのは、症状です。

 炎症が起きているというのも、症状です。

 仕事が面白くない、転職先が見つからないというのも、症状です。

 

 1つ1つの症状に対処するのではなくて、

 それらの症状を生み出している根本問題に、

 取り組みましょう。

 

 たとえば、仕事が面白くないというのは、

 それは本当に仕事が面白くないのでしょうか。

 多くの場合は、それは労働だから、強制されているから面白くないのです。

 

 ちなみに、ここで、だから主体性をもって動いて、

 仕事を楽しくしようとは言いません。

 それも症状に対応する処置、ばんそうこうを貼るようなものです。
 
 

 この場合の根本問題は、勤務をしていることです。

 もちろん、勤務をしなければならない理由はありますが、

 とりかかるべきは、本来、この問題です。

 つまり、どうやったら勤務せずにいれるようになるか、です。

 

 この根本問題を解決に取り組まなければ、

 一生、労働から生じるデメリットを受け続けなければなりません。

 

 現実的に考えれば考えるほど、

 勤務のみを収入形態とするのは、

 大きなリスクを抱えていると言わざるを得ないでしょう。

 取り掛かるなら、今すぐ、です。

【実践編】

1 自分の問題を5~10個ピックアップしましょう。

2 それらの問題を生み出している、できるだけ具体的な大元を考えましょう。
  それが根本問題です。

3 その根本問題の解決に向けて、解決策を考えましょう。 

-退職できないジレンマを解消する。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

退職するための、家族の賛成を得る方法【退職できないジレンマを解消する。】

【理論編】  転職・起業を考えても、  家族の反対を受けて、できないことがあります。  そうしたときに、  よくある賛成を得る方法が、  体調を崩すことです。    家族から、 「もう辞めてもいい。」 …

no image

「才能不要起業」の文野義明先生にインタビュー

「才能不要起業」プログラムを開発された 文野義明先生にインタビューしました。   【1】パワハラ問題に、副業・起業の選択肢は必須 パワハラを受けているとき、 転職ができるなら、 転職活動を始 …

no image

パワハラに負けないために、身に付けるべき心理技術

《海軍シールズは腕っぷしの強い者をもとめていたが、そうした隊員になれる秘訣の1つは・・・(中略)・・・「だいじょうぶ、だいじょうぶ」と自分を励ますことだったのだ》 (『残酷すぎる成功法則 9割まちがえ …

no image

辞めるのは逃げではない。

 パワハラなどを受けて退職を考えたときに、    一般的には「逃げではないか」という思いが出るはずです。        しかし、退職できない一番の理由は、    経済的理 …

no image

部下を無能だという上司こそ、無能【退職できないジレンマを解消する。】

【理論編】 パワハラ被害者は、 有能な人が多いと言われているのは、 ご存知ですか? 私の知っているだけでも、 次期社長と周りから言われたために、 パワハラで退職した人が2人います。 つまりは、自分の地 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。