自己卑下しても、攻撃はなくならない。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

【理論編】

「自分が悪い」と思うことは、

「自分はまったく悪くない」と思うよりは、

 美しいとは思います。

 

 しかし、現実的に、

 自己卑下しても、他人からの攻撃はなくなりません。
 
 

 精神的に、相手を圧倒しない限りは、

 攻撃はなくなりません。

 

 私の大学の恩師の講義は、

 100人単位の人がいましたが、

 いつもとても静かでした。

 他の講義にはない、緊張感がありました。

 

 大学生時代に、大学の教授達とケンカして、

 大学の教授達に土下座させたというような人でしたので、

 精神的な強さは、並ではありません。

 

 そういう人に対して、陰口をたたく人はいるとしても、

 直接的に言うことはできません。
 
 

 では、精神的に強くなろうという意味ではありません。

 自己卑下しても、それはマイナスのスパイラルになる、ということです。

 自己イメージを下げれば下げるほど、

 攻撃はひどくなります。

 

 ですから、自己イメージを上げていきましょう。

 デール・カーネギーの『道は開ける』にも書かれていますが、

 死んだ犬を蹴飛ばす人はいません。

 

 自己イメージを上げ続けると、

 自然と直接的な攻撃は受けなくなり、

 少しずつ間接的なものに変わり、

 最後にはなくなります。

 
 
 自己イメージを上げる方法については、

 こちらの記事に書いてありますので、
 
 現在お辛い方は、ぜひお読みくださいね。
 
【実践編】

1 心の中の声を意識に上げて、自己イメージがどうなっているかを確認しましょう。
  心の中の声は、自己イメージを反映したものです。

2 自分がなりたい自分の姿を、イメージします。
  そして、その人なら心の中でどのようなことを言うかを考えましょう。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。