人は道具ではない。【退職できないジレンマを解消する。】

「人を上手に使う」という言葉があります。

 

 私は、この言葉が嫌いです。

 

 部下を上手に使いたいと思ったことはありません。

 

 それは人を物扱いすることだからです。

 

 

 

 当たり前ですが、

 

 人は道具ではありません。

 

 

 

 パワハラ・職場いじめが始まると、

 

 人でなく、物であるように扱われだします。

 

 

 

 この扱いに耐える必要はまったくありません。

 

 人は物ではないからです。

 

 物扱いされて、ただ耐える必要はありません。

 

 

 

 しかし、だからといって、

 

 会社をすぐ辞めることも難しいでしょう。

 

 会社を辞めてしまうと定期収入がなくなってしまいます。

 

 

 

 物扱いから逃れるのに必要なことは、

 

「私は、会社を辞めても困らない。

 

 困るのは会社だけだ。」という状況を作ることです。

 

 会社を辞めてもあなたは困らないのですから、

 

 あなたは堂々と自分の意見を主張できます。

 

 

 

 自分が正しいと思うことを実行できます。

 

 

 

 職場環境の改善のために、

 

 もしくは自分と同じような被害者のために、

 

 行動を起こしてあげることができます。

 

 

 

 会社を訴えることも、現実的に視野に入れることができるでしょう。

 

 会社をさっさと辞めることも、できるでしょう。

 

 

 

 自分が正しいと思う選択肢を、

 

 自分で選べるようになるのです。

 

 

 

 そのような方法を、

 

 わかりやすくまとめた無料講座を作りました。

 

 少しでも興味がある方は、

 

 下の画像をクリックしてください。

 

 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 退職できないジレンマを解消する。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。