パワハラ被害者にメンタルコントロール技術が必要な理由

パワハラ被害者には、カウンセリングだけでは不十分です。

なぜなら、カウンセリングでは現状は変わらないからです。

スポンサードサーチ

【1】カウンセリングでは必要だが、十分ではない

傷ついた心を癒すための、カウンセリングは必要です。

誰だって攻撃されたら痛いですし、傷つきます。

一人では回復できないレベルの、心の傷を負うこともあります。

ですから、カウンセリングは必須です。

しかし、それだけでは足りません。

 

【2】カウンセリングでは、どうやったら脱出できるかはわからない。

カウンセリングを受けるのは被害者です。

でも、原因を作っているのは99%加害者です。

 

1%、被害者の原因として残したのは、

自分にも改善すべき点があると思わないと、

誰も味方になってくれなくなるからです。

 

それはともかく、

主原因であるのは加害者。

 

でも、カウンセリングでは、

その加害者に対する手段は考えません。

 

そもそも、カウンセリングは、

現状から脱出するためのものではない。

 

基本的には、癒すこと。

マイナスをゼロに戻すこと、

ネガティブをフラットに戻すためのものが、

カウンセリングです。

 

【3】現状から脱出するための、心のエネルギーを生み出す技術が必要

被害者であるあなたが、

どれだけカウンセリングを受けても、

基本的には、現状は何も変わりません。

 

あなたを攻撃してくる人に対して、

いままで通りに接するのですから、

いままで通り、攻撃されるだけです。

 

もちろん、さまざまな対処法はあるのですが、

通常は、その手法を行動に移せません。

これは当たり前で、そのようなエネルギーがないからです。

 

この現状を抜け出すためには、

カウンセリングではない、メンタルコントロールの技術が必要。

現状を打破するためのメンタル技術が必要です。

 

それは、言い換えれば、

パワハラをなくすためのエネルギーを生み出すための

メンタル技術が必要だということです。

 

ですから、もしあなたがカウンセリングを受けていて、

でもなかなか現状から抜け出せないなら、

是非一度、現状を打破するメンタルテクニックを

学んでいただけたらと思います。

 

きっとあなたが、辛い今の状況から抜け出すために

大きく役立つはずですから、ぜひ一度、考えてみてください。

 

 

 

20160804

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。