パワハラ問題について、あなたの会社が頼りになるか?

あなたの会社は、パワハラ問題について、

どれだけ頼りになるでしょうか?

それを簡単に判断する方法があります。

 

【1】「あかるい職場応援団」を知っているか

『あかるい職場応援団』というサイトがあります。

このサイトは、https://no-pawahara.mhlw.go.jp/というリンクが示すとおり、

政府が運営するサイトです。

 

パワハラ問題を取り扱う厚生労働省が、

直々にパワハラの定義、パワハラの6類型などを説明したサイトです。

 

【2】もし「あかるい職場応援団」を知らないなら

もし「あかるい職場応援団」というサイトを知らないなら、

その時点で、あなたの会社はパワハラ問題においては、

まったく当てにならないと言ってよいでしょう。

 

それはつまり、パワハラについて

真剣に考えたことがないということだからです。

 

ですから、相談に行ったときに、

「あかるい職場応援団」を知らないことが判明したら、

あまり期待をしないほうがよいでしょう。

 

行政に相談することも、選択肢に入れてください。

 

【3】相談に行く前に確認しよう

 

行政に相談に行く前には、

一度、このサイトを確認しておいてください。

 

特に確認してほしいのは、

「パワハラ研修資料ダウンロード」というページです。

このページを読むと、パワハラの相談受付をする側のための

資料や、チェックシートなどが掲載されています。

 

 

これはつまり、相談を受ける側が確認するべき事実が、

あらかじめわかるということ。

あなたが相談に行ったときに、相手がどのような事実を確認したいのかが

事前に分かるということです。

 

【4】相談先を味方につける

あなたがしっかりと事前準備をして相談に行くことで、

相談先も、あなたの本気度を感じます。

そうすると、あなたの味方になってくれる確率も高まります。

 

何度も書きますが、行政はあなたの味方ではありません。

行政は常に中立の立場であり、味方に変えていかなくはならないのです。

 

相手が望む情報をコンパクトにまとめ、

事前準備をして、相談に望んでみてください。

それだけでも、かなり相談が有益になりますよ。

 

 

 

20160804

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。