「お前」呼ばわりはパワハラか?厚労省の定義に従って、専門家が解説。

「お前」と呼ぶことは、パワハラに当たるでしょうか。

厚生労働省の定義に従って、考えてみましょう。

スポンサードサーチ

【1】厚生労働省の定義

パワー・ハラスメントというのは、法律上の定義ではありません。

そのため、各行政機関が独自にパワー・ハラスメントの定義を出しています。

その中でも一般的に「パワハラの定義」として用いられるのが、厚生労働省の出している定義です。

《同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為》

この定義に全部該当するものが、厚生労働省の考える「パワハラ」となります。

【2】お互いにフレンドリーな会社なら、パワハラにならない

まず1つ目のポイントは、「職場内の優位性を背景として」いるかどうか、です。

たとえばですが、「お前なぁ」とお互いに呼び合うような関係の場合は、「お前」と呼んでいたとしても、パワハラには該当しません。

職場内の優位性を背景にしたものでなければ、厚労省の考えるパワハラには該当しません。

「お前」と言い返せない状況なら、職場内の優位性があると考えてOKです。

【3】業務の適正の範囲を超えるか

第2のポイントは、「業務の適正の範囲を超える」かどうか、です。

労働契約上、労働者は、使用者の指揮命令に従う義務があります。

その指揮命令権の範囲内であれば、厚労省の定義するパワハラには該当しません。

「お前」呼ばわりについては、業務の適正な範囲内とは考えられません。

指揮命令をするために、相手を「お前」と呼ぶ必要性が全くないからです。

なお、もしこれが「業務の適正な範囲」であるとすれば、日本中の職場で「お前」と呼ぶことが許されることになりかねません。

【4】ネガティブな結果が生じるか

そして、もう1つのポイントは、「精神的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」と言えるかどうか。

「お前」と呼ばれることによって、身体的苦痛が直接生じることはありません。

そのため、精神的苦痛を与えるか、職場環境を悪化させる行為となるか、が問題となります。

精神的苦痛を感じるかどうかは難しいところでしょうが、常識的に考えれば、職場環境は悪化するでしょうね。

また、業務の適正な範囲内で「お前」と呼ぶ必要はないので、ここは通常に考えれば、条件を満たしています。

【5】「お前」呼ばわりは、パワハラと言ってもよいが・・・

「お前」呼ばわりは、パワハラと言ってもよいでしょう。

しかし、これだけで動いてくれる機関も少なく、また相談機関を味方につけるのも難しいかもしれません。

私も「お前」と言われていて全然嬉しくなかったですし、あなたのお気持ちはわかります。

ですが、この1点だけを取ってパワハラと主張することは、あなたにとってメリットはほとんどないでしょう。

【6】加害者の人格を示す証拠として利用する

「お前」呼ばわりは、おそらくパワハラに該当する行為です。

ですが、それのみを持って、加害者と対峙するのは得策ではありません。

その他のパワハラ行為と合わせて、加害者の人格を示すものとして利用しましょう。他人を軽視する傾向があることなどが、この言動から伝わります。

行政や法律家に相談するときには、「お前」呼ばわりされていることを伝えておきましょう。

 

関連動画

 

 

20160804

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: パワハラの6類型, 法律関連, 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。