パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

35歳以上でパワハラを受けて、転職を考えている人に知ってほしいこと

投稿日:

転職においては、35歳限界説というものがあります。

そのため、35歳以上でパワハラを受け始めると、身動きが取りにくくなります。

会社を辞めたいけれど、転職も難しく辞めることができない。

そうなると、心身を崩すまで働いてしまう人が多いのです。

Neale Donald Walsch You're not going to avoid change. Change is the process of life itself. In fact, everything is changing every single minute of our livesCreative Commons License BK via Compfight

【1】35歳限界説は、気にしても仕方がない

転職活動をする上で、35歳限界説はたしかに気になるものです。

ですが、気にしても何もメリットはありません。

即戦力を求めている会社なら、年齢に関係なく採用することも多いでしょう。

会社好みに育てようとする会社だと、難しいかも知れません。

結局は、その会社がどのように判断するかです。

ですから、35歳限界説は気にしても仕方がありません。

 

【2】給与が下がることのほうが問題

35歳以上で転職を考えたとき、問題となるのは給与です。

35歳限界説は、さほど問題とはなりません。

基本的に、転職をすれば給与は下がります。

 

問題は、どれだけ下がっても許容できるかどうか、です。

この点が問題で、転職したくてもできない人が多いのです。

 

パワハラに耐えれば、今の給与は約束されています。

そうなると、転職に二の足を踏んでしまいます。

 

【3】副業を持つことの大切さ

しかし、パワハラを受け続ければ、間違いなく心身に不調が出ます。

いつかは、会社を辞めなければなりません。

 

加害者や職場環境を改善できるのが理想ですが、それには大変な時間と労力が必要です。

加害者と全面戦争になって、相手を叩き潰すぐらいの気持ちがなければ、やりとおせません。

 

ですので、もっとも建設的であり、労力も少ないものが副業です。

副業は、もちろん主目的は会社外で収入を得ることです。

ですが、その他にもさまざまなメリットがあります。

一番のメリットは、自分のペースで進められることです。

自分のペースで進められるので、自己肯定感も高めやすいのです。

前進している感覚が、自信を取り戻してくれます。

 

転職は、常に相手方の都合に合わせなければなりません。

合否を決めるのも相手方です。

自分で進めたくても、進められない状態が続きます。

待ち時間が多く発生するのです。

 

しかし、その間、加害者が攻撃を止めてくれるわけではありません。

つまり、心身へのダメージが積み重なってしまいます。

 

その点、副業は、あなたが行うものです。

ですから、相手を待つ必要はありません。

たった今から、始めることができるのです。

 

【4】バリュー・プロポジションを発掘する

副業において大切なことは、バリュー・プロポジションを発掘することです。

バリュー・プロポジションとは、顧客が求める価値なのに競合他社が提供できない価値で、あなたが提供できるものです。

顧客が求めているのにまだ提供されていない、あなたが提供できる価値です。

 

バリュー・プロポジションは、次の3つの質問に答えることで見つかります。

  1. 顧客が望んでいる価値は何か?
  2. 競合他社が提供できない価値は何か?
  3. あなたが提供できる価値は何か?

最初に顧客が望んでいる価値を考えます。

そして、次に顧客が望んでいる価値のうち、競合他社が提供できない価値を探します。

最後に、顧客が望んでいるのに競合他社提供できない価値のうち、あなたが提供できるものを探します。

 

これが見つかることによって、自分が社会に提供できる価値が最大限に高まります。

あなたが副業で提供する価値が、価値の高いものとなるのです。

ですから、まずはバリュー・プロポジションを探しましょう。

 

これは誰でも見つけられるものです。

ですから、もし自分一人では見つけられないときは、専門家にご相談を。

パワハラ脱出支援の専門家にご相談いただければ、きっと一緒に見つけてくれます。

 

もし、私のサポートをご希望の場合は、こちらからお申し込みください。

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラ加害者に仕返しをするなら、一気に徹底的に!

加害者に対して、仕返しをするなら、一気に徹底的にやりましょう。 中途半端にするのが、もっとも危険です。 加害者の”報復心”を折るのです。 「これ以上、関わってはマズイ」と思わせるようにしましょう。 N …

no image

ブラック部活への対処法

ブラック部活と言われる問題があります。 これは、部活版の職場パワハラです。 元記事はこちら http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3847/8.html 私は、部活 …

no image

パワハラを受けて副業・兼業を考えているが、法律的にはどうなのか?

複数の方から、 副業・兼業についての法律について ご質問がありました。   今回は、大まかに 副業・兼業についての法律について お話ししたいと思います。 Steve Baker via Co …

no image

パワハラ上司からの、「陰口」という低レベルなパワハラへの対処法

世の中には、「なんでこの人が昇進できたのだろう」と思うような人が、たくさんいます。 その中には、「陰口」という低レベルなパワハラ行為をしてくる人もいます。 では、上司からの陰口には、どう対処すればよい …

no image

パワハラの仕返しの目的は、あなたがスッキリすること

パワハラへの仕返しの目的の1つは、当然、加害者への制裁です。 しかし、現状において、加害者が罰を受けることは、ほとんどありません。 そもそもパワハラに対する認識はまだまだ甘いのに加えて、証拠も集めにく …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。