パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラ加害者から「被害妄想だ」と言われたときの、対処法

投稿日:

パワハラ加害者に対して反論をすると、「被害妄想だ」とか、「頭がおかしいのでは?」と言われることがあります。

これを言われると腹が立つ一方で、不安になってしまうものです。

”自分が敏感になりすぎているのでは?”と、心のどこかで思ってしまうものだからです。

 

しかし、そのようなことをあなたが気にする必要はありません。

被害妄想かどうかを決めるのは、加害者でも、あなたでもなく、第三者だからです。

もっと言えば、ハラスメント相談機関、労働局、裁判所などが決めることです。

 

ですから、あなたは「『被害妄想だ』という言葉が、パワハラですよ」と言えばいいのです。

「被害妄想」という言葉が、よい意味でつかわれることはありません。

それは、言葉によるパワハラです。

 

「被害妄想」と言われて、それを気にしないことは難しいでしょう。

しかし、本当に被害妄想であるかどうかを決めるのは、あなたではありません。

加害者でもありません。

あなたたちとは利害関係のない、第三者が決めることです。

 

ですから、あなたは「被害妄想だ」という加害者の言葉そのものを、問題としましょう。

 

そう加害者が言ったという記録を取って、後々の反撃に備えましょう。

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラ・職場モラハラの加害者の世界は、モノクロ。

パワハラ・モラハラをする人、つまり加害者は、精神的に未熟です。 加害者は、グレーを許すことができません。   心の中でグレーを作れない精神的未熟さが、 それが、ひっきりなしに続く悪口につなが …

no image

重要で”ない”分野のゴールを立てることで、辛い現状を抜け出せる。

現状から抜け出したいときに大切となるのが、ゴール設定です。   目的地を決める、到着点を決める、と言ってもよいでしょう。 ゴールがあるからこそ、現状を抜け出すためのモチベーションが生まれます …

no image

【副業・起業】クライアントに、自分の情報に関心をもってもらうためにするべきこと

発信した情報のほとんどは、スルーされるもの。 だから、自分が味方にしたい人が、何に関心を持っているのかを考えることは大切。相手が昇給に興味があるのか、職場の雰囲気に関心を割いているのかなどを知っていれ …

no image

選択できることが、自信につながる。

 パワハラ・職場いじめは、無力感を作ります。    心の中で相手に反発しても、    実際には反発できない自分に、    嫌気がさしてきます。     &nbs …

no image

職場いじめで辞めたいときに、あなたが取るべき行動。

職場いじめを受けているとき、 最初に考えることは、なんとかやり過ごすこと。   次に、上司になんとかしてもらうことを考えて、 それでもダメなら、転職を考えることになります。   た …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。