パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラ脱出後をイメージしよう。

投稿日:

 モチベーションは、

 

 ゴールと現状のギャップを、

 

 無意識が感じることによって生まれます。

 

 

 

「私は○○であるべきなのに、

 

 現状は××であるのはおかしい。」

 

 と無意識が感じると、自然と行動を起こし始めます。

 

 

 

 大切なのは、ゴールと現状の”ギャップ”です。

 

 ギャップを感じない場合、

 

 現状がどれだけ辛くて、大変でも、

 

 その現状を打破しようとする、

 

 現状から逃れようとするモチベーションは生まれません。

 

 

 

 ですから、ゴール設定は現状打破のためには必須です。

 

 

 

 ゴール設定をして、

 

 そのゴールと現状のギャップに我慢できなくなると、

 

 自然とそのための行動を取り始めます。

 

 

 

 本当は会社を辞めたい人は、

 

 会社を辞めるような行動を取り始めます。

 

 会社についての悪いところしか見えなくなり、

 

 会社にいくこと自体が苦痛になってきます。

 

 

 

 ただ、これはゴール設定が間違っています。

 

 もっと安全な状況を作って、

 

 自信満々で退職してもよいのです。

 

 

 

 自分は辞めても何も困らないという状態を作って、

 

 できるなら、パワハラ問題を自分で解決して、

 

 その上で、やっぱり辞めますと言っても良いですし、

 

 パワハラ問題がある会社はとっとと退職して、

 

 自分が好きなことに打ち込んでもよいでしょう。

 

 そういう状態をゴールにしたほうが、

 

 あなたにとってもよいはずです。

 

 

 

 私があなたに提供したいのは、

 

 そのような状態です。

 

 詳しい方法については、

 

 もうすでにまとめてありますので、

 

 下の画像をクリックしてください。

 

 

 

 もうしばらくで、別のテーマに移る可能性がありますので、

 

 ご希望の方はお早目に、ご登録をどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラを受けて「自分に非がある」と思ってしまうのは危険信号

パワハラを受けていると、通常は怒りが沸きます。 しかし、「自分に非がある」と思ってしまう人もいます。 自分の問題点を把握して、改善しようとするのは、とても素晴らしいことです。 ただ、それは危険信号かも …

no image

パワハラを受けて「なぜ自分が辞めなくてはならないのか」と思ったときの考え方

本来なら、会社が加害者を退職・異動などの処分を下すべきです。 しかし、それがなされない場合、そんな会社にあなたが残る必要性があるでしょうか? パワハラを放置・容認するような会社に、あなたが残る必要があ …

no image

パワハラ加害者は、自己利益のみに関心がある。

パワハラ加害者にも、 もちろんさまざまなタイプがいます。   しかし、自己利益のみに関心が高く、 他者利益については関心が低いことは、 ほぼ間違いがありません。   【1】パワーを …

no image

自己卑下しても、攻撃はなくならない。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

【理論編】 「自分が悪い」と思うことは、 「自分はまったく悪くない」と思うよりは、  美しいとは思います。    しかし、現実的に、  自己卑下しても、他人からの攻撃はなくなりません。    精神的に …

no image

パワハラに仕返ししたいなら、加害者の報復を覚悟する。

パワハラに仕返しをしたいというのは、自然な感情です。 しかし、仕返しをすれば必ず報復をされます。 報復を覚悟して、仕返しをしましょう。 報復されてもよいと思える人だけ、仕返しをしましょう。 &nbsp …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。