パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

ゴールを設定することの効果

投稿日:

 コーチングでは、ゴールを設定します。

 

 ゴールというのは、

 

「現状維持では達成できないけれど、

 

 絶対に達成したいこと」です。

 

 今のままでは達成できないけれど、達成したい。

 

 そして、達成できるという自信があって、

 

 ゴールと現状のギャップを認識すると、

 

 人は、そのギャップを埋めようと行動を始めます。

 

 

 

 無意識の注意が、ゴールに近づくことに向いているので、

 

 自然とゴールに関する情報が集まってくるようになります。

 

 たとえば、ミスチルファンは、ミスチルの情報を集めようとしなくても、

 

 勝手に集まってくるようになります。

 

 自然とその情報に反応するのです。

 

 

 

 注意がゴールに向く結果、

 

 ゴールから遠ざかる情報については、

 

 無意識が自然と集めなくなります。

 

 勝手にシャットアウトしてくれるようになるのです。

 

 

 

 そうすると、自分が認識する情報が、

 

 ゴールに関係するものだけになっていきます。

 

 退職を考えていたら、

 

 いつも退職に関する情報が自然と集まってきて、

 

 逆に仕事を続けることについての情報が、集まらなくなるのです。

 

 

 

 これは無意識によって行われる情報の選別ですが、

 

 その結果、ゴールを達成する方法が、自然と見えてくるようになります。

 

 今まで気づかなかった情報が、バッと見えるようになるのです。

 

 見つからなかったメガネが、実は目の前にあったことに気づくようなものです。

 

 

 

 このようにして新しい情報が見え始め、

 

 新しい方法を発見し、

 

 逆に関係のない情報がどんどんそぎ落とされる結果、

 

 自分がどんどん、ゴール基準で物事を考えるようになります。

 

 

 

 音楽家がなんでも音楽に結び付けてしまうように、

 

 ゴールを基準として、物事の価値をはかるようになります。

 

 この価値体系ができあがると、記憶さえ変わります。

 

 過去の悲しい出来事も、思い出さなくなります。

 

 これは抑圧ではなくて、単に重要でなくなるのです。

 

 私達が、横断歩道の縞々の数を覚えないように、

 

 単に重要でないから、記憶に留めなくなります。

 

 

 

 つまり、私たちはわざわざ、過去の記憶を思い出す必要はありません。

 

 ゴールを設定して、そのゴール達成に向けて行動を起こすことで、

 

 ゴール達成の重要性を高めていくことによって、

 

 不要な記憶は思い出さなくなり、

 

 思い出すとしてもむしろ学びの経験として、

 

 思い出すようになります。

 

 

 

 ですから、今、辛くても、

 

 何かゴールを設定して、

 

 その達成に向けて動きましょう。

 

 過去を振り返る必要はありません。

 

 ゴールを設定しましょう。 

-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

「IF-THENプランニング」でセルフトークを習慣化。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

今回は、セルフトークを習慣化するための、心理学的手法についてです。 セルフトークを習慣化するということは、自己イメージを変える手法ということです。 できるだけ簡単に書きますが、とても有益な情報です。 …

no image

5万円相当の無料プレゼントのお知らせ【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

子供が事務所に入ってきては、 ドアを閉めに行かなくてはなりません。 運動不足解消には、ちょうどよいですね。きっと。 今回は、無料プレゼントのお知らせです。 自己肯定感を高く持ち続け、前に進み続けるため …

no image

マナーを知るのは、縛られないため。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

あなたは大丈夫? 知らないで恥をかいた「マナー」エピソード3選結婚式やお葬式などの場面で、社会人なら知っていて当たり前のマナーを知らずに恥ずかしい思いをしたことが……&#823 …

no image

ゴールが問題を生み出す。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

【理論編】 ゴールがあるから、問題が生まれます。 反対から言えば、問題があるということはゴールがあるということです。 学校の先生にとっての問題児とは、学校の先生のコントロール外にあるという意味です。 …

no image

出来事の意味は、事後的に決まる。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

西條剛央先生が「意味の原理」と、呼ばれるものがあります。 「出来事の意味は、事後的に決まる」というものです。 ネガティブな出来事があったとき、これほど大切な原理はありません。 覆水盆に返らず。 しかし …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。