小さく多く仕返しすれば、パワハラ行為をストップさせられる。

パワハラ加害行為は、日々、行われます。

そして、その加害行為1つ1つは、小さなことかもしれません。

しかし、その小さな行為は集まって、1つの大きな攻撃となります。

あなたに恐怖を植え付け、あなたを身動きできなくしていくのです。

 

つまり、小さく多くのネガティブ・フィードバックが、あなたを支配しています。

 

パワハラ行為を止めさせ、ストップさせるには、これをやり返せばよいのです。

我慢を続けて爆発させるのではなくて、パワハラ加害行為を受けるたびに、毎回、必ず反論するようにする。

加害者の加害行為、不正行為などは、そのたびに、すぐに監督者に報告をするようにする。

もちろん、報告することに恐怖を感じるなら、その場でメモを取るようにしましょう。

どんな言動をされたのかを、メモ帳を取り出して、その場で記録するのです。

このメモ帳に記載されるだけでも、加害者にとっては恐怖です。

このような小さな反撃を続けることで、あなたは加害者に対して優位に立てます。

 

一度に大きな反撃をするよりも、小さく多く、継続的な反撃を続けましょう。

あなたが必ず反撃をしてくると分かれば、あなたをターゲットにする理由はないのです。

ですから、小さく多く、適法な反撃を続けましょう。

 

 

 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。