パワハラ被害者にとって、YOUTUBER副業は可能性があるか?

私は、パワハラ被害を受けている人には、副業をお勧めしています。

会社外で定期収入があることで、退職しやすくなるからです。

 

では、YOUTUBERを副業とするのは、どうでしょうか。

私は、可能性はあると思っています。

副業でYOUTUBERを始めて、本業にされた方が多いからです。

 

ただし、バリュー・プロポジションを見極めることが必須でしょう。

バリュー・プロポジションとは、「自分だけが提供でき、競合他社は提供できない、顧客が望んでいる価値」のことです。

あなたが提供でき、競合他社が提供できない、顧客が強い関心を寄せる動画製作ができる場合、YOUTUBERという選択肢はあると思います。

また、動画の編集のために時間を割ける必要もあるでしょう。

 

動画は、今後、間違いなく検索に用いられるようになります。

その意味で、YOUTUBERは時代に合った副業です。

 

簡単ではないですが、可能性はある副業ですので、興味があるならば一度取り組んでみるのも、よいと思います。

 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。