「いい人」は、目的思考を持つことで、自分を守れるようになる。

「いい人」が損をする社会です。

しかし、「いい人」でも損をしない人は、います。

それが「自己利益の関心」が高い人です。

ですが、「いい人」は「自己利益」に対して、嫌悪感があります。

これを取り除くためには「目的思考」が役立ちます。

 

【1】「いい人」が損をする社会

『GIVE&TAKE』という本では、「与える量>受け取る量」となる「GIVER(ギバー)」は、社会的に成功者が少ないことを統計で示しています。

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本) | アダム グラント, 楠木 建 |本 | 通販 | Amazon

他人のために時間を取られがちなので生産性も低く、犯罪にも遭いやすいそうです。

明らかに、「いい人」が損をしてしまっています。

 

しかし、「GIVER(ギバー)」の中にも、社会的に成功を収めている人はいるのです。

そして、その人たちの特徴は「自己利益への関心」も高いこと。

つまり、他者に与えることも好きだけれども、自分の利益もしっかりと確保するということです。

 

【2】「いい人」は、「自己利益の確保」に躊躇しやすい

ただ、「いい人」の多くは、「自分の利益を確保する」となると躊躇してしまいます。

いかに、自己利益を確保することが大切だと思っていても、気持ちとしてできないのです。

 

そこで、あなたにしてほしいことがあります。

それが「目的思考」をすることです。

 

これは、「価値の原理」に基づく考え方です。

「あらゆる価値は関心に応じて判断される」

http://www.dhbr.net/articles/-/2938

【3】目的から価値が決まる

「価値は、欲望・関心・目的に応じて立ち現れる」というのが、価値の原理です。

つまり、価値判断は、目的に照らし合わせないとできません。

あなたが、「子どもの貧困問題を解決する」という志をもっていたとします。

そのとき、あなたが自己負担でその活動を続けるのは、目的に照らして「よいこと」なのでしょうか。

「子どもの貧困」をいち早く解決したいのであれば、あなたはその事業に専念し、より多くの資金と人手を集めるべきではないでしょうか。

そうであれば、あなたの時間をしっかりと確保すること、あなたが提供するサービスに適正な利益を請求することは、むしろあなたがやるべきことなのです。

 

【4】目的から判断をする

目的が、価値を決めます。

つまり、あなたがやるべき重要なことを決めるのです。

 

ですから、常にあなたが最終的に到達したいゴールを意識して、そこから照らして物事を判断するようにしましょう。

そうしたとき、会社の飲み会に参加することや、感謝もされない仕事をボランティアで行うことなどは、しないことこそが「善」だと本気で思えるようになります。

 

志をいち早く達成するために、重要なことからするのです。

目的から重要性を判断する習慣をつけて、それに従う練習をしましょう。

それは結果的に、あなたの心も強くしてくれることになるでしょう。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。