パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラの相談先に、「どんな証拠が必要か」と相談しておく。

投稿日:2017年4月17日 更新日:

パワハラの相談機関は、いくつかあります。

1つは内部のハラスメント相談室など、もう1つは外部の労働局などです。

 

ただ、どこの相談機関も、基本的な立場は「中立」です。

あなたの主張を丸ごと信じて、あなたの味方になってくれるわけではありません。

 

ですから、まずは相談機関を味方にする技術が必要です。

それが、「どんな証拠が必要か」と相談しておくことです。

Temporarily removedCreative Commons License Neil Cummings via Compfight

【1】相談機関は中立

相談機関は、確かにあなたを助けるべき機関です。

しかし、最初からあなたの味方ではありません。

会社のハラスメント相談室なら、加害者も被害者も同じ会社の人間です。

どちらか一方に肩入れはできません。

労働局でも同じです。

行政の立場はもともとが中立ですから、あなたに肩入れはできないのです。

 

【2】相談機関を味方にする

ですから、最初は相談機関を味方にしなければなりません。

味方にするというのは、信頼関係を築くということです。

 

そのために、あなたにしてほしいことが「どのような証拠が必要かを尋ねる」ことです。

ハラスメント相談室にまずは相談に行って、「どのような証拠があれば、信頼していただけるでしょうか」と尋ねてみるのです。

それから、その指示に従って証拠を集めます。

 

【3】行動で示す

人は、主張内容よりも、行動であなたを判断します。

ですから、担当者に対しても、あなたの行動で示したほうがよいのです。

あなたが、本当に解決をしたい気持ちでおり、あなたを信頼している姿を、行動で示すのです。

それが証拠についての相談であり、その指示に従った証拠集めです。

 

あなたが指示に沿って証拠を集めて、再度相談に行けば、きっと担当者はあなたの味方として行動を起こしてくれます。

ですから、まずはどのような証拠が必要かを尋ねてみましょう。

そして、その指示に沿って動いて、担当者を味方につけましょう。

 

無料メルマガ
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 姓  名 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

「いい人」は、目的思考を持つことで、自分を守れるようになる。

「いい人」が損をする社会です。 しかし、「いい人」でも損をしない人は、います。 それが「自己利益の関心」が高い人です。 ですが、「いい人」は「自己利益」に対して、嫌悪感があります。 これを取り除くため …

no image

「スタンドプレー」と「指示待ち人間」

【1】私も、被害者の1人        私自身、パワハラを受けていました。        厚生労働省の6類型でいうところの、    精神的な …

no image

パワハラ加害者に対して、恐怖を与えて加害行為をストップさせる

『アカギ-闇に降り立った天才』から学べることは、本当に多いです。 今、鷲尾麻雀という有名なものを読んでいますが、敵が圧倒的に優位であるとき、どうすればその敵に恐怖を与えられるかの教科書のようなものです …

no image

パワハラのゴーレム効果から、逃れる。

心理学でゴーレム効果と呼ばれるものがあります。これはピグマリオン効果の逆の効果です。 これらの効果は大雑把に言えば、「あの人は○○な人だ」という思い込みが、その相手をそういう人に変えてしまうというもの …

no image

パワハラに仕返しする方法-アサーティブな自己主張とは

パワハラ行為を我慢しても、 エスカレートするだけです。   エスカレートさせないためには、 少しずつでも、 適切に仕返しをしていく必要があります。   そのための方法として、 ぜひ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。