パワハラの相談先に、「どんな証拠が必要か」と相談しておく。

パワハラの相談機関は、いくつかあります。

1つは内部のハラスメント相談室など、もう1つは外部の労働局などです。

 

ただ、どこの相談機関も、基本的な立場は「中立」です。

あなたの主張を丸ごと信じて、あなたの味方になってくれるわけではありません。

 

ですから、まずは相談機関を味方にする技術が必要です。

それが、「どんな証拠が必要か」と相談しておくことです。

Temporarily removedCreative Commons License Neil Cummings via Compfight

【1】相談機関は中立

相談機関は、確かにあなたを助けるべき機関です。

しかし、最初からあなたの味方ではありません。

会社のハラスメント相談室なら、加害者も被害者も同じ会社の人間です。

どちらか一方に肩入れはできません。

労働局でも同じです。

行政の立場はもともとが中立ですから、あなたに肩入れはできないのです。

 

【2】相談機関を味方にする

ですから、最初は相談機関を味方にしなければなりません。

味方にするというのは、信頼関係を築くということです。

 

そのために、あなたにしてほしいことが「どのような証拠が必要かを尋ねる」ことです。

ハラスメント相談室にまずは相談に行って、「どのような証拠があれば、信頼していただけるでしょうか」と尋ねてみるのです。

それから、その指示に従って証拠を集めます。

 

【3】行動で示す

人は、主張内容よりも、行動であなたを判断します。

ですから、担当者に対しても、あなたの行動で示したほうがよいのです。

あなたが、本当に解決をしたい気持ちでおり、あなたを信頼している姿を、行動で示すのです。

それが証拠についての相談であり、その指示に従った証拠集めです。

 

あなたが指示に沿って証拠を集めて、再度相談に行けば、きっと担当者はあなたの味方として行動を起こしてくれます。

ですから、まずはどのような証拠が必要かを尋ねてみましょう。

そして、その指示に沿って動いて、担当者を味方につけましょう。

 

無料メルマガ
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 姓  名 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。