パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラ問題は、3つのステップで解決する。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

投稿日:

【理論編】

パワハラ・職場いじめは、

よく「コミュニケーション能力が低いから、被害者になる」と、

思っている人がいるのですが、そんなことはありません。

パワハラ・職場いじめの被害者には、

職場で優秀とされ、尊敬され、慕われている人も多いのです。

ですから、コミュニケーション能力を高めて、

パワハラ・職場いじめを解決というのは、

私からすると、非現実的な解決策です。

放置してパワハラ等がなくなるならよいのですが、

悩みとして持つレベルのものは、放置しても回復するものではありません。

配置換えなどがないからこそ、悩むのです。

その状態において、パワハラ・職場いじめ問題の、

解決に取り掛かれる期限は、6ヶ月です。

過去の経験上、それ以上の期間は被害者の精神が持ちません。

たしかに、カウンセラーなどの助力があれば、

1年以上は持ちこたえられるかもしれません。

しかし、それは対処療法に過ぎないでしょう。

いつまで耐えられるか、という問題に変わっただけです。

被害を受ける期間が短ければ短いほど、

取りうる選択肢は増えます。

できるだけ早く、取り組むことが重要です。

このような状態になったときは、

私は、次の3つのステップが必須だと考えています。

1 メンタルコントロールの技術を身に付ける。

2 労働に関する基本的法律を身に付ける。

3 定期的収入を得る方法を作る。

メンタルコントロールの技術を身に付けるのは、

単純に自分を守るため、です。

傷つきにくく、回復しやすい、

しなやかな心の使い方を身に付けることで、

被害を少なくできます。

さらに、新しい行動を起こすのも簡単になります。

次に、労働に関する基本的法律を身に付けます。

なぜかと言えば、退職できないと思い込むことが多いからです。

たとえば、「後任がいないから退職させない」という上司がいたりして、

退職できないと思っている人がいるのです。

最後に、定期的収入を得る方法を見つけます。

転職でも起業でも、その人にとってよい方法ならなんでもよいです。

ただ、精神的に参っているときは、

視野も狭く、自信も持ちにくいので、

自分の持っている資源に気づけずにいることも多くあります。

ですから、やはり最初にメンタルコントロールの技術を、

身に付けておくのがよいでしょう。

逆に言えば、この3つのステップを経ることで、

ほぼすべてのパワハラ等は現実的に解決可能となります。

ご自身の状態と照らし合わせて、

自分に必要ものはどれかを、

一度確認してみると、

次に自分が取るべき行動がわかりやすくなると思います。

【実践編】

1 メンタルコントロール、法律知識、収入を得る方法の、どれが自分に不可欠化を考えてみて下さい。

2 その必要不可欠な知識の収集を始めましょう。

【追伸】

雪が降っています。

4歳の息子は、

「よかったねー。雪遊びできるなー。」と、

子供らしい発言をしてくれて、

朝からハッピーでした。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラは「甘え」ではないので、「甘え」の問題としても解決はしない。

パワハラを「甘えだ」という人が少なからずいます。 しかし、組織の目的から考えたときにパワハラが肯定される理由がありません。 パワハラは職場全体の生産性を下げます。 「甘えだ」と被害者の個人問題にすり替 …

あなたが抵抗できないのは、精神的な攻撃(モラル・ハラスメント)を受けているからです。

下記の本は、本当にお勧めです。 ものすごく太い本ですが、 必ずご一読ください。   モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない   自分が置かれた状況を認識できるだけで、 人 …

no image

パワハラの相談先に、「どんな証拠が必要か」と相談しておく。

パワハラの相談機関は、いくつかあります。 1つは内部のハラスメント相談室など、もう1つは外部の労働局などです。   ただ、どこの相談機関も、基本的な立場は「中立」です。 あなたの主張を丸ごと …

no image

パワハラに関する法律は、必ず行政の情報で確認する。

パワハラに関する法律については、必ず公的機関の情報に当たるようにしましょう。 基本は「あかるい職場応援団」という厚労省運営のサイトです。https://t.co/SbTjrK7TuR — 三國雅洋:パ …

no image

パワハラを受けて「辞めたい」と思ったら、退職のリスクを減らすために動き出そう。

パワハラを受けていても、人間は現状を維持しようとする性質があります。これまでどおりであろうとするのです。 これまでどおり職場に出向き、これまでどおりの対応をしようとします。 これまで通りのほうが楽なの …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。