パワハラから起業・副業で脱出するために、「魅力的なプロダクト」を考える。

パワハラから脱出するための独立・起業ではスピードが大切です。

顧客対象に、すばやく反応してもらう必要があります。

そのためには、顧客にとって「魅力的な商品・サービス」を作らなくてはなりません。

iPhone 5c with pink chargerCreative Commons License Marco Verch via Compfight

【1】魅力的な商品・サービスを考える

顧客は、価値が高いと感じる商品・サービスを購入します。

つまり、魅力的な商品・サービスを購入するのです。

 

ですから、私達が考えるべきは「顧客にとって、何が魅力的か」です。

【2】顧客にとって魅力的な商品・サービスは何か?

たとえば、コーチングを受けたいと思っている人にとって、無料でプロフェッショナル・コーチングを受けられるサービスがあったら、魅力的かもしれません。

アメリカのビジネス書に興味がある人なら、ビジネス書を安い値段で翻訳してくれるサービスがあったら、魅力的かもしれません。(ダイレクト出版というところが、このサービスをしています。)

まずは、顧客の立場に立って、魅力的なサービスを考えてみましょう。

実現できるかどうかを考えるのは、後でもよいのです。

大切なことは、まず魅力的なサービスを作ることです。

 

【3】顧客対象を絞り込む

顧客にとって魅力的な商品・サービスを作るには、もちろん顧客の理解が不可欠です。

しかし、私達には多くのアンケート調査をしているような時間はありません。

そこで、顧客対象を絞り込む必要があるのです。

 

顧客対象を絞り込んで、その顧客対象にとって魅力的な商品・サービスを考えてみましょう。

その商品・サービスが実現できるかどうかは、後でゆっくり考えればよいのです。

まずは、顧客にとって何が魅力的なのかをしっかりと考え、調査してみましょう。

そこが、商品開発の第一歩となります。

 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。