【独立・起業】《自分のすべてを「ブログ」に集積》する。

独立・起業においては、フローをストックに変えていくことが大切です。

 

人気ブロガーの「かん吉」さんは、ご著書の中で次のようにおっしゃっています。

行動のすべてを「自分の価値=自分のブランド」につなげていくことを考えました。

Amazon.co.jp: 人気ブログの作り方: 5ヶ月で月45万PVを突破したブログ運営術 eBook: かん吉: Kindleストア

 

ブランドとは、ストックです。

一方で、行動はすべてフローです。

 

ですから、フロー活動をストックに変えるための仕組みが必要となります。

 

【1】《自分のすべてを「ブログ」に集積》

そのための仕組みが、ブログです。

 

ブログは、フロー活動をストックに変えるためには、最適な媒体でしょう。

ブログはもともと、ウェブ上の日記として普及・発展しました。

そして、GOOGLEは、検索においてブログを高く評価しています。

つまり、フロー活動を掲載しやすく、かつそれがストックとして高く評価されるのです。

 

そして、その活動が「セルフ・ブランディング」となっていくのです。

仕事の話だけでなくて、日々感じたことや、趣味や仕事の話なども織り交ぜることで、読み手に親近感を与えられます。飾らないパーソナルデータが、日々蓄積されていくのです。

Amazon.co.jp: 人気ブログの作り方: 5ヶ月で月45万PVを突破したブログ運営術 eBook: かん吉: Kindleストア

 

【2】「セルフ・ブランディング」を忘れない

ブログは、セルフ・ブランディングに最適な媒体です。

日々のパーソナルデータを掲載し続けることで、「あなたらしさ」を伝えられます。

しかし、ストックするべきものについては、しっかりと取捨選択をするべきです。

 

あくまでも、ブログに掲載するものは、セルフ・ブランディングに役立つものでなければならないからです。

 

【3】何をストックにするか

では、何をブログに掲載して、何を掲載しないべきでしょうか。

その基準となるのは、あなたのゴールです。

 

 

 

ゴールに関係する活動はすべて、ブログに記載するようにします。

そして、ゴールに関係しない活動はブログに掲載しないほうがよいでしょう。

 

私はこのブログで、自分が何を食べたかについては書くことはありません。

それは、私のゴールにとって、私の昼食は関係ないと思っているからです。

 

【4】うまく行かないことも書いておけばいい。

ゴールに関係することは、すべて書くのがよいでしょう。

うまく行かなかったことも書いたほうが、親近感がわきます。

 

たとえば、私はFacebookページも始めていますが、まだまだ苦戦中です。

Facebookページで、どのような情報を発信するべきかについて迷いがあります。

現時点では、次の電子書籍の内容を掲載する場所として利用しています。

そうすることで、Facebookページを観て下さっている方にもメリットがありますし、私も反応を得ることができると考えたからです。

現時点では、よい感じで進んでいると思います。

行政書士・コーチ  三國雅洋
行政書士・コーチ  三國雅洋、福井県敦賀市清水町 – いいね!17件 · 10人が話題にしています – サラス・D・サラスバシ教授の起業論と、コーチング理論を取り入れた「いい人」が社会で報われるための現実的な方法を広めています。

 

【5】ブログは、ゴール達成のための手段

ブログの活用の方法を、大きく間違えている人は少なくありません。

 

 

 

ブログは、ゴール達成のための手段なのです。

ですから、ゴール達成に役立たないことは書いてはいけないのです。

 

 

ブログを単なる日記にしないようにしましょう。

ブログを、あなたのゴールに近づくためのツールとして最大活用するのです。

 

ゴールに関係するフロー活動を、ストックして残していきましょう。

それはあなたのクライアントにとっては有益な情報となります。そして、あなたにとってはセルフ・ブランディングの道具となります。

あなたがゴールに向かう活動をブログに書くことは、誰にとってもよいストック情報となるのです。

ですから、ゴールに日々、向かい続けましょう。そして、その活動をブログに残していきましょう。

 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。