【雑記】人狼ゲームから学ぶ「空気」の大切さ

昨日は、「子ども食堂 青空」が主催するイベントに参加しました。

中高生と「人狼ゲーム」をして、7勝1敗。心理の専門家としての面目は保ちました。

楽しかった。

 

子ども食堂に行くと、いつも心が洗われます。

親戚の集まりみたいなもので、気を使いすぎないでいい。

だからみんなある意味「いい子」だし、ある意味「いい子」ではない。

そこがいいのです。

 

【1】「人狼ゲーム」で、心理を読み取る訓練ができる

「人狼ゲーム」は、心の機微を、表情、声のトーン、しぐさなどから読み取る、よい練習になると思います。

少なくとも「誰が人狼か」は100%で当てていたので、あの子達が何か悩んでいたら、異変に気づいてあげられる自信がつきました。

 

【2】人は、空気で動く

「人狼ゲーム」では、人が「空気」で動くことを再実感させられました。

システム上の論理なら信じざるを得ないから、信じてくれます。

しかし、それ以外のことは人は「空気」に流されます。だから、いかに「空気」を作っていくかで、形勢が大きく変わります。

 

【3】空気を動かす技術が必要

相手は中高生で、私だけが大人でした。そのため、コントロール動かしやすかったとは思います。

それでも、ある程度の技術を身につけていなければ、やはり空気を動かすのは難しいとは思います。

 

【4】論理より感情、感情より空気

パワハラや、嫌がらせで困った経験がある人は、よく知っていると思いますが、人は論理では動きません。

論理ではなくて、感情でもなくて、「空気」で動きます。

 

したいことがあっても、それができる空気がなければ動けません。

反対に、したくないことでも、それを強制する空気があれば、せざるを得ません。

そのときどきの感情よりも、空気のほうが強い影響力があるのです。

 

【5】空気を変える人になる

だからこそ、空気を動かす技術を身に付けておく必要があります。

それは簡単なことではありませんが、不可能なことではありません。

パワハラ問題については、さまざまな悲しい事件により、空気ができてきています。

この流れを活かして、進んでいきたいと思います。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。