パワハラの傷とは、自己肯定感が下がった状態になってしまうこと

【1】パワハラは、自己イメージへを下げるもの

パワハラは、パワーを背景にした、自己イメージへの攻撃です。つまり、パワハラによって傷つくのは自己イメージです。

そして、自己イメージが下がった状態になってしまうことが「パワハラの傷」です。

 

【2】無意識に、自分を低く評価し続ける

自己イメージが下がった状態というのは、自分を低く評価し続ける癖がついている状態です。極端に言えば、「私は不要な人間である」「私は無能な人間である」という自己イメージを持ってしまっている状態です。

人は自己イメージを維持するように、物事を判断し、行動をします。

そのため、自己イメージが低いと成功することは間違っていて、失敗することが正しいと思うようになります。物事がとんとん拍子に進んでいくと「何かおかしい」と思うようになり、失敗すると「やっぱり」と思うようになります。

 

【3】ほぼすべての人の自己イメージは、下げられてきた

自己イメージが極端に高い人は、うまくいくのが当然だと思っています。そして、うまくいかなかったときに「おかしいな」と思います。学校で1位を取り続けている子どもは、1位を取るのが当然であって、そうでない場合は「おかしい!」と思うようになります。

ただ、多くの人の場合、このような高い自己イメージ、自己肯定感、自己効力感は持っていません。他人による言動によって、自己イメージは下げられてきています。

 

【3】パワハラを受けると、自己イメージがさらに下がる

多くの人は、他人の言動により自己イメージを下げられてきています。親、兄弟、友人、教師などから自己イメージを下げられてきたのです。

そして、自己イメージを高めたり、守ったりする方法は教わってきていません。

その上で、パワハラを受けてしまうと、自己イメージを守ることができないため、下げられてしまうのです。

 

【4】自己イメージは、自分で高めることができる

自己イメージは、基本的には他人のあなたに対する言動で作られます。

しかし、自分で自己イメージを高めることもできるのです。

それを行うのがコーチングであり、それは自己イメージを高めるための訓練とも言えます。低いところから高いところに持ち上げるのにエネルギーが必要なように、自己イメージを高めるにもかなりの精神力が必要となります。

たとえば、自分のことを徹底的に高く評価し続けるという練習がありますが、これを24時間耐えられる人は、多くはありません。うまくいくのが「私らしい」、うまくいかなかったときは「私らしくない」と心の中で、自己評価するだけです。これだけですが、ほとんどの人は耐えられません。

また、自己流で自己イメージを高めようとすると、傲慢になってしまったりすることもあります。そこで、コーチという職業があるのです。コーチは、あなたの自己イメージを適切に高めるためのサポーターです。

なぜパワハラ被害者にコーチが必要かといえば、コーチは自己イメージを高めるプロフェッショナルだからです。

パワハラ被害を受けて自己イメージが下がっている、なかなかあげられないと言う人は、ぜひコーチングを受けてみてください。決して楽ではありませんが、あなたの自己イメージを適切に、急激に高めてくれます。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。