パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラ解決には、SNSが役立つ

投稿日:

【1】SNSで専門情報を手に入れる

パワハラ解決に限らず、問題解決において、もっとも役立つツールがSNSです。

たとえば、SNSの走りであるTwitterにはさまざまな分野の専門家がすでにいます。Twitterを使えば、その人たちと気軽につながることができますし、専門情報を継続して得ることもできます。

【2】専門家と交流をする

SNSが役立つのは、ただ専門情報を集められるからではありません。専門情報を集めるだけなら、検索すれば済む話です。

SNSが問題解決に役立つのは、SNSでは「交流」ができるからです。

Twitterに限らず、SNSを使えば、簡単に「交流」を生み出すことができます。

この「交流」の機能が、問題解決にはとても大切なのです。

どのような問題にも専門家は数えられないほどいます。しかし、多くの問題が放置されています。それは、専門家との交流ができないからです。

専門家を事前に判断できないので、専門家に依頼することができないのです。

【3】SNSはコミュニケーションツール

SNSは、専門家とクライアントの交流を簡単にするものです。距離感を一気に縮めてくれます。

これは専門家にとっても、クライアントにとっても、両者にとってよいことです。

専門家は人助けをしたくて、専門家をしているのです。クライアントとの距離が近づくのは、ありがたく嬉しいことです。

【4】相互貢献の精神が重要

ただ、難しいところは、いくら距離が近くても専門知識や技術はやはり有償であることです。

しかし、有償=お金ではありません。スキル交換でもよいのです。

これはお金の問題ではなくて、相手に損をさせない気があるかどうかの問題です。

SNSを活用して問題解決をしたい場合は、少なくとも「相互貢献」の精神が必要だということです。

【4】「いい人」が報われる時代が来ている

これからの時代は「相互貢献」の時代です。

つまり、「いい人」がちゃんと報われる時代だということです。

相互貢献の気持ちを持って接触を試みれば、必ず専門家はあなたの味方になってくれます。

たとえば、私の場合「スキル交換」という制度による相談受付も行っています。

先ほども書いた通り、専門家は人助けがしたくて、専門家になっているのです。ですから、どんどん接触を試みてください。

【5】パワハラの専門家と繋がろう

パワハラにおいても、さまざまな専門家がSNSを利用しています。

ですから、相互貢献の気持ちをもって、少なくとも「損をさせたくない」という気持ちを示して、接触を試みましょう。

何度も書きますが、お金の問題ではありません。あなたが専門家になにかしらの貢献、対価を払う意志があるかどうかが、ポイントです。

その意志を見せれば、専門家はあなたの力になってくれます。

専門家に相談するのは怖いかも知れませんが、勇気をもって一歩踏み出してみてください。

https://twitter.com/artof_challenge

image

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラと戦うには、行政(労基署・労働局)の後ろ盾が必須

パワハラと戦うときに、労基署、労働局、人権擁護委員などの後ろ盾は必須です。   法律家に依頼をしても、相手方に対しては大したプレッシャーとはなりません。 なぜなら、相手も法律家に依頼すれば済 …

no image

「お前」呼ばわりはパワハラか?厚労省の定義に従って、専門家が解説。

「お前」と呼ぶことは、パワハラに当たるでしょうか。 厚生労働省の定義に従って、考えてみましょう。 【1】厚生労働省の定義 パワー・ハラスメントというのは、法律上の定義ではありません。 そのため、各行政 …

no image

パワハラと戦う仲間の作り方:動画リンクコラボ企画で実証した方法

リンクコラボは新しい企画なので、どうやったら参加者が増えるかをいろいろと考えました。その方法論の中心にあったのは、”プロセスの共有”という考え方です。これは、はあちゅうさんのツイートから借用しました。 …

no image

パワハラを止めさせたいなら「その場で被害メモを取る」を実行に移す。

パワハラ被害を受けていて、加害行為を止めたいなら、まずは「その場でメモをとる」を実行してみてください。 パワハラ行為があったら、その場でメモ帳を取り出して、日常、内容などをメモしましょう。 — 三國雅 …

no image

ベーシックインカム制度が、パワハラ被害者のジレンマを解決する。

パワハラがない社会を作るためにも、ベーシックインカム制度を実施してもらいたい。 「いつでも辞めることができる」という状況があれば、パワハラが深刻化するのは、ほとんど防げる。 — 三國雅洋:パワハラ解決 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。