パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

「パワハラは甘えだ」という人は、ただの勉強不足。

投稿日:

世の中には「『パワハラ』なんていうのは、単なる甘えだ。自分達の時代は、そんなものは当たり前だった」と言う人がいます。

私からすると、それは単なる勉強不足です。

パワハラを肯定するのは、うさぎ跳びを肯定するのと同じで、ナンセンスなのです。

【1】パワハラは生産性を下げる

生産性を高めるカギは、「心理的安全性」にあるとされます。

グーグルが突きとめた!社員の「生産性」を高める唯一の方法はこうだ(小林 雅一)
社員の生産性を極限まで高めるには、どうすればいいのか――米グーグルが2012年に開始した労働改革プロジェクトの全貌が明らかになった。

パワハラはこの心理的安全性を奪うのですから、生産性を下げる行為です。

つまり、パワハラを肯定することは生産性を下げることを肯定することと同じです。

【2】無駄な努力をすることは、根性ではない

私たち世代は「うさぎ跳び」をさせられた世代です。

しかし、今はそのようなことはさせません。なぜなら、トレーニング効果が期待できないと分かったからです。

効果がないと分かった上でそれをすることを「努力」とは言いません。

継続したら効果があるのに続かないなら「根性がない」と言っていただいても構いませんが、パワハラはそういうものではありません。むしろ、会社の生産性を悪くするものです。

もしパワハラが会社の生産性を下げることを知らないのだとしたら、それは単なる勉強不足です。指導・教育者として勉強が足りません。

【3】パワハラと主張するのは、甘えではない。

厚労省の定義に該当する行為について、「パワハラだ」と主張するのは甘えではありません。

会社の生産性を下げる行為をなくすように求めるのは、会社にとって悪いことではありません。

むしろ、パワハラ加害者を放置している方が勉強不足であり、現状に甘えているのです。

ですから、「自分が甘えているだけだろうか?」と悩む必要はありません。

あなたは会社にとって不利益になることを取り除くように言っているだけであり、それはうさぎ跳びはトレーニングになりませんと言っているのと同じで、至極全うなことなのです。

冷静に、かつ、堂々と「それはパワハラです」と主張していきましょう。

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラを受けて先が見えないときこそ、やるべき2つのこと。

パワハラを受けていると、大きなジレンマにぶち当たりますね。現状維持の先には、暗い未来しかみえない。そして、現状の外側はまったく見通しがつかない。 先が見えない不安があって、動けなるんですね。最初は、パ …

人は現状維持を好む性質がある。だから忘れてしまうようなことが、実は重要である。

脳は手抜き器官です。 必要のないことはしません。   必要がないのに 通勤経路を毎日変更する人は、いません。 同じ経路、同じ時間が楽なのです。   【1】脳は必要がない限り、考えよ …

no image

パワハラに当たるかどうかを直観的にチェックする方法

厚生労働省は、パワハラを次のように定義しています。 職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体 …

no image

パワハラ・職場いじめから脱出するために、味方を増やせ!

パワハラは結局、パワーゲームです。   ですから、いかにパワーを増やしていくかが ポイントとなります。   厚生労働省はパワハラの類型として、 「人間関係の切り離し」というものを挙 …

no image

パワハラに仕返しする場合の注意点

「パワハラに仕返ししたい」 この気持ちを持つことは、当然です。 加害者が得をし、被害者が損をするのがパワハラです。 復讐心を持つこと自体は、当然なのです。   【1】辞める覚悟が必要 復讐心 …

読者登録フォーム

【無料メルマガ】『パワハラを脱出する方法』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

Twitter でフォロー

2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。