職場いじめ・嫌がらせ対策に、証拠が必要となる理由。

人間の性質上、いじめ・嫌がらせは行われるものです。

だからこそ、それに対処する技術は、全員が身に付けておくべきものだと考えています。

そして、いじめ・嫌がらせに対処するために大切となるのが「証拠」です。

【1】いじめ・嫌がらせは、人間の性質上、生じるもの

人間には、自分の自己評価を脅かす存在を、排除しようとする心理傾向があります。

ですから、他者からの害意・悪意は、避けられません。学校でも、会社でも、社会でも、イジメは行われるものです。

【2】いじめ・嫌がらせ対策として、証拠を集めることの重要性

だからこそ、それに対処する技術は、誰もが身に付けておく必要があります。

そして、一番覚えておいてほしいのが「証拠を集めること」の重要性です。

イジメ・嫌がらせは、通常、証拠が残らない形で行われます。嫌味、悪口、嘲笑、無視のような言動というものであり、物理的な痕跡は残りません。

物理的な証拠がないと、その被害の程度をイメージすることが難しくなります。

人の命に関わる問題ですが、実際に流血するわけではないため、その被害の深刻さが伝わらないのです。

【3】証拠がなければ、味方を作りにくい

そうなると、味方を作るのが難しくなります。「それぐらい我慢しなさい。」と言われたり、「それぐらい社会では当たり前だよ。」と言われたりしてしまうのです。これは二次被害と言われるものですが、社会ではこのような対応が、まだまだ当たり前となっています。

そうすると、被害者は孤立しやすくなります。すると、加害行為が、エスカレートしがちになるのです。

そうさせないためには、あなたの被害の深刻さをイメージしやすく伝える必要があります。そのために必要となるのが「証拠」なのです。

【4】証拠があなたを救う

もしあなたがイジメ・嫌がらせを受けているなら、今すぐにでも証拠を集めてください。特に弱い立場にある人がイジメ・嫌がらせに戦っていく場合、証拠は必須となるものです。

証拠を集めるのは労力がかかるので、なかなか行う人がいないのが現実なのですが、実行している人はちゃんと解決できています。ですから、ぜひ実行していただけたらと思います。

三國 雅洋:パワハラ解決コンサルタント のVALU
人間には、自分の自己評価を脅かす存在を、排除しようとする心理傾向があります。
ですから、他者からの害意・悪意は、避けられません。
学校でも、会社でも、社会でも、イジメは行われるものです。

だからこそ、それに対処する技術は、誰もが身に付けておく必要があります。

そして、一番覚えておいてほしいのが「証拠を集めること」の重要性です。

イジメ・嫌がらせは、通常、証拠が残らない形で行われます。嫌味、悪口、嘲笑、無視のような言動というものであり、物理的な痕跡は残りません。
物理的な証拠がないと、その被害の程度をイメージすることが難しくなります。

人の命に関わる問題ですが、実際に流血するわけではないため、その被害の深刻さが伝わらないのです。

そうなると、味方を作るのが難しくなります。「それぐらい我慢しなさい。」と言われたり、「それぐらい社会では当たり前だよ。」と言われたりしてしまうのです。これは二次被害と言われるものですが、社会ではこのような対応が、まだまだ当たり前となっています。

そうさせないためには、あなたの被害の深刻さをイメージしやすく伝える必要があります。そのために必要となるのが「証拠」なのです。

もしあなたがイジメ・嫌がらせを受けているなら、今すぐにでも証拠を集めてください。特に弱い立場にある人がイジメ・嫌がらせに戦っていく場合、証拠は必須となるものです。

証拠を集めるのは労力がかかるので、なかなか行う人がいないのが現実なのですが、実行している人はちゃんと解決できています。ですから、ぜひ実行していただけたらと思います。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。