パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

職場いじめ・嫌がらせ対策に、証拠が必要となる理由。

投稿日:

人間の性質上、いじめ・嫌がらせは行われるものです。

だからこそ、それに対処する技術は、全員が身に付けておくべきものだと考えています。

そして、いじめ・嫌がらせに対処するために大切となるのが「証拠」です。

【1】いじめ・嫌がらせは、人間の性質上、生じるもの

人間には、自分の自己評価を脅かす存在を、排除しようとする心理傾向があります。

ですから、他者からの害意・悪意は、避けられません。学校でも、会社でも、社会でも、イジメは行われるものです。

【2】いじめ・嫌がらせ対策として、証拠を集めることの重要性

だからこそ、それに対処する技術は、誰もが身に付けておく必要があります。

そして、一番覚えておいてほしいのが「証拠を集めること」の重要性です。

イジメ・嫌がらせは、通常、証拠が残らない形で行われます。嫌味、悪口、嘲笑、無視のような言動というものであり、物理的な痕跡は残りません。

物理的な証拠がないと、その被害の程度をイメージすることが難しくなります。

人の命に関わる問題ですが、実際に流血するわけではないため、その被害の深刻さが伝わらないのです。

【3】証拠がなければ、味方を作りにくい

そうなると、味方を作るのが難しくなります。「それぐらい我慢しなさい。」と言われたり、「それぐらい社会では当たり前だよ。」と言われたりしてしまうのです。これは二次被害と言われるものですが、社会ではこのような対応が、まだまだ当たり前となっています。

そうすると、被害者は孤立しやすくなります。すると、加害行為が、エスカレートしがちになるのです。

そうさせないためには、あなたの被害の深刻さをイメージしやすく伝える必要があります。そのために必要となるのが「証拠」なのです。

【4】証拠があなたを救う

もしあなたがイジメ・嫌がらせを受けているなら、今すぐにでも証拠を集めてください。特に弱い立場にある人がイジメ・嫌がらせに戦っていく場合、証拠は必須となるものです。

証拠を集めるのは労力がかかるので、なかなか行う人がいないのが現実なのですが、実行している人はちゃんと解決できています。ですから、ぜひ実行していただけたらと思います。

三國 雅洋:パワハラ解決コンサルタント on VALU
人間には、自分の自己評価を脅かす存在を、排除しようとする心理傾向があります。
ですから、他者からの害意・悪意は、避けられません。
学校でも、会社でも、社会でも、イジメは行われるものです。

だからこそ、それに対処する技術は、誰もが身に付けておく必要があります。

そして、一番覚えておいてほしいのが「証拠を集めること」の重要性です。

イジメ・嫌がらせは、通常、証拠が残らない形で行われます。嫌味、悪口、嘲笑、無視のような言動というものであり、物理的な痕跡は残りません。
物理的な証拠がないと、その被害の程度をイメージすることが難しくなります。

人の命に関わる問題ですが、実際に流血するわけではないため、その被害の深刻さが伝わらないのです。

そうなると、味方を作るのが難しくなります。「それぐらい我慢しなさい。」と言われたり、「それぐらい社会では当たり前だよ。」と言われたりしてしまうのです。これは二次被害と言われるものですが、社会ではこのような対応が、まだまだ当たり前となっています。

そうさせないためには、あなたの被害の深刻さをイメージしやすく伝える必要があります。そのために必要となるのが「証拠」なのです。

もしあなたがイジメ・嫌がらせを受けているなら、今すぐにでも証拠を集めてください。特に弱い立場にある人がイジメ・嫌がらせに戦っていく場合、証拠は必須となるものです。

証拠を集めるのは労力がかかるので、なかなか行う人がいないのが現実なのですが、実行している人はちゃんと解決できています。ですから、ぜひ実行していただけたらと思います。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラで退職に追い込まれる前に

パワハラは、加害者が圧倒的に有利です。   多くの場合は、被害者が退職することになり、 加害者を処分さえ受けないことがあります。   これは、パワハラ問題が、 会社にとっても、 な …

no image

パワハラ被害者支援で大事なことは、被害者の自己尊厳を取り戻すこと。

パワハラは当然、法的に問題となります。 しかし、被害者の視点に立、自己の尊厳に関わる問題では、加害者が法的責任をとったかどうかはそれほど問題ではありません。 大事なのは、被害者が自分の自己尊厳を取り戻 …

no image

いつでもできる心理テクニックを身に付けて、職場いじめから、自分の心を守る。

日々、職場いじめに遭い、 これは本当に辛いことです。   日々、仕事に行くことを思うと身体が拒否反応を示し、 職場についてからも、臨戦態勢を続けなくてはならない。   【1】役立つ …

no image

パワハラの定義について:厚労省と法務省の定義

パワハラは、法律上の定義がありません。 ですから、行政の担当部署がそれぞれに「パワー・ハラスメント」を定義しています。 たとえば、厚生労働省は次のとおり、定義しています。https://t.co/Uw …

no image

パワハラに負けないための、心理護身術。

パワハラ被害者に知ってほしい心理技術の1つが、自分の心を守る技術。傷をゼロにすることはできなくても、傷つきにくくすることはできる。そして、傷の回復を早めることもできる。 — 三國雅洋:パワ …

読者登録フォーム

【無料メルマガ】『パワハラを脱出する方法』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

Twitter でフォロー

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。