「起業なんて無理」と思うのは、ビジネスを戦争だと思っているから。

ビジネスの本質は社会貢献です。

しかし、一般的には、ビジネスは戦争だと捉えられています。ビジネスに取り組んだことはなくても、「ターゲット」や「マーケティング戦略」という言葉は聞いたことがあるでしょう。これらの言葉は戦争用語です。

この「ビジネス=戦争」の喩えが、普通の人をビジネスから遠ざけてしまっています。

当たり前ですが、わざわざ戦争に参加したがる人はいません。「いい人」であればなおさらです。むしろ、ビジネスを嫌悪するでしょう。

実際、ボランティアには積極的でありながら、ビジネスには消極的な人が大勢いらっしゃいます。

しかし、本来的にボランティアもビジネスも同じものです。どちらも社会貢献であることには変わりありません。ただ、そこに継続するためのキャッシュを集めるシステム設計があるかどうかだけの違いです。

ビジネスの本質は社会貢献ですから、むしろボランティアに積極的な人ほど、ビジネスに向いています。ただ、今まではビジネスの世界は弱肉強食、食うか食われるかの世界だと思わされてきただけです。

ビジネスで重要となるのは、顧客の「欲望・関心・目的」を満たすことです。

そして、顧客は一人一人違いますから、この関心等は無尽蔵にあります。

すべてのビジネス提供者が提供しようとしても、これらすべてを満たすことはできないでしょう。

つまり、顧客を奪い合う必要などないのです。

大企業は大勢の人々が一律に求める商品・サービスを提供する役割を果たしています。

しかし、それでは満たされていないものはまだまだ残されています。奪い合う必要がないほど残されているのです。

つまり、ビジネスにおいて競合他社と戦う必要などないのです。私達は、ビジネス=戦争という例えによって、争う必要があると思い込まされてきただけです。

そして、それによって「いい人」がビジネスに参加せずにきました。

私はこの状況を変えたいと思っています。ボランティア活動をしてきているような人にこそ、ビジネスに参加してほしいのです。

「いい人」がもっとビジネスに参加するべきですし、「いい人」ほどビジネスに向いています。そして、インターネットのおかげで起業リスクはほぼゼロになりました。

パワハラを受けて、ただ耐え続ける日々を送る方がリスクが高いのです。

いままで頭の中に副業・起業という選択肢がまったくなかったかもしれませんが、ぜひ選択肢の1つに入れていただき、前に進んでいただきたいです。

ビジネスは社会貢献であり、本質はボランティアと同じです。決して戦争ではありませんので、ぜひあなたに参加してもらえたらと思っています。

パワハラ脱出 副業・起業プログラム
(一般)副業・起業コース コーチ副業・起業コース 料金は、個別説明会(無料)にて公開します。 お申し込みは、下記のフォームからお願いいたします。 お問い合わせは、こちらをご利用ください。 プログラムの詳細説明は、このページの下部にあります。 【個別説明会お申し込みフォーム】 【このプログラムの対象】 このプログラムは、次のような方を対象としています。 パワハラなどによって、退職・転職を考えている。 職場内での人間関係に疲れている。 年齢のため転職することが難しい。 パワハラなどによる心理的障害によって、再就職が難しい。また再就職に不安や恐怖を感じる。 副業・起業を行いたいと思っている。 また、次のような方はこのプログラムの対象とはなりません。 副業・起業に向けて、毎日30分~1時間ほどの作業時間を、取ることができない いますぐに収入を得たい 【副業・起業プログラムのゴール】 このプログラムのゴールは、あなたが、6ヶ月以内にパワハラ職場を脱出できるようになることです。 まずは副業を始めて、経済的収入を増やします。 そして、「いつでも辞めることができる」状態を作るのです。 そのために、30日以内に商品・サービスを構築し、有料で顧客を得ることを目指します。無料ではなくて、有料で顧客を得る経験を30日以内に作ります。 そしてそのために、10日以内に商品・サービスの試作品を作り上げます。 転職活動の8割は、待ち時間です。 面談が決まるまで、面談日時まで、合否の結果を得るまで、それぞれに待ち時間があります。 そのため、1、2週間は、あっという間に過ぎてしまいます。 パワハラ被害者にとっては、1週間の勤務を過ごすだけでも大変なことです。 ですから、時間を無駄にしている時間はありません。 その点、副業のための時間は、全部、自分がすることができます。 ですから、待ち時間は存在しません。 パワハラからの脱出に向けて、毎分を大切にできるのです。 Michael Coghlan via Compfight 【待ち時間が、副業・起業に向けた時間に変わる】 パワハラ被害を受けているときは、緊急事態です。 待ち時間という、意義の少ない時間を過ごしている余裕などありません。
ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 「いい人」のままでも、ハッピーになれる方法, パワハラ脱出副業・起業, 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。