困難や逆境を乗り越えるための心理技術

Kindleで電子書籍を出版します。

『パワハラに遭っていて行動できない人のためのセルフコーチング』というタイトルです。

 

私に相談してくださる人の多くは、精神科・心療内科などに通院をしています。

認知行動療法などの治療を受けています。

しかし、これらの療法だけでは、パワハラは解決できません。

パワハラを解決するためには、そのための行動が必要となるからです。

 

しかし、パワハラが慢性化すると、解決のための行動がとれなくなります。

パワハラを受けている日常が、「現状」になってしまいます。

DV被害者が抜け出せなくなるように、パワハラを受け続ける日常から抜け出せなくなります。

 

現状打破をしたいとき、カウンセリングだけでは足りません。

カウンセリングは必須ですが、それだけでは足りないのです。

現状を変えるための技術が必要となります。

それが、今回の書籍でお伝えする「コーチング」です。

 

「コーチング」というものに対して、人々が持つイメージはさまざまです。ある人にとってはオカルトであり、ある人にとっては「人生を輝かせるための技術」であり、ある人にとっては「部下を指導するための技術」です。

私にとってのコーチングは、困難や逆境を乗り越えるための必須の心理技術です。困難の最中、逆境の最中にいる人にとって、必須となるマインドの使い方を身に付けるためのものです。

私にとってコーチングは、現実逃避するためのものではなく、現実を変えていくためのものです。

 

私はパワハラ被害者には、コーチングは必須だと思っています。

本来ならコーチングを受けてほしいのですが、コーチングを受けるにはさまざまな障害があります。

そこで自分で自分にコーチングをする方法について書きました。

 

今回の書籍に、ぜひ一度お目通しいただき、日々セルフコーチングを実践してみてください。

そして、少しずつ行動できることを増やして、現状を抜け出していただけたらと思っています。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。