パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラに遭っているときこそ、「自分への思いやり」を持つようにしよう。

投稿日:

【1】パワハラに遭っていると、ミスは増える

パワハラに遭っているとき、人間の脳は「闘争・逃走」状態にあります。

理性よりも、感情優位の状態です。

頭を動かすよりも、身体を動かす状態です。

クマやイノシシに遭遇した状態であり、冷静ではいられない状態です。

ですから、ミスが増えるのは当たり前です。

パワハラに遭っていれば、誰でもミスは増えます。

【2】自分に厳しくする必要はない

ミスが増えれば、当然に社内での評判も下がってしまいます。

パワハラ被害に対して同情的だった人も、あなたがミスをすればするほど、あなたに対して批判的になってしまいます。

パワハラ被害に遭うと、誰でも孤立しがちになるんです。

そのようなときこそ、あなたはあなた自身の味方であってください。

ミスをした自分に厳しくするのではなく、自分に対して思いやりを示してあげてください。

【3】怒りを否定しなくてもいい

加害者に対して怒りを持つのは、当然のことです。

そして、解決に向けて何もしてくれない組織に対して、怒りを持つのも当然のことです。

パワハラ被害に遭っているのを知っていながら、手を差し伸べてくれない同僚に対して、怒りを持つのも当然です。

パワハラ被害に遭っているとき、怒りを持つのは当然です。

怒りの感情を否定する必要はないんです。

【4】状況改善への意思は持つ

私たちは、誰一人として完璧ではありません。

怒りの感情を持つこと、怒りを爆発させてしまうこと、どちらも仕方ないことです。

ただ、状況改善への意思、成長への意思は持ち続けるようにはしましょう。

現状の自分を受け入れることは大切ですが、未来の自分を諦める必要はないんです。

自分に対して思いやりを持ち、その上で自分に対して期待も持ってあげてください。

そういう気持ちを持ちながら、少しずつ、状況を改善していきましょう。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラの後遺症から抜け出すための出発点としての考え方

パワハラを受け続けると、それがトラウマ的になり、その後に悪影響を及ぼすことがあります。 ですが、もしそうなってしまったとしても、まずは「よく耐えた」と思っていただきたいです。 「もっと早く対応していれ …

no image

パワハラから脱出するための、現実的な解決策を見つける方法

パワハラから脱出するには、あなたの現実を踏まえた解決策が必要です。 その方法を見つけるためには、2つのことを考慮しなければなりません。 1つは目的、1つは状況です。 【1】「方法の原理」 西條剛央先生 …

no image

専門家によるパワハラ脱出ライブ講座 第1回

パワハラ脱出ライブ講座 第1回です。 次回は、平成29年3月26日(日)10:30から開始予定です。 ライブ配信中にご質問をいただければ、ご回答しますので、ぜひライブでご視聴ください。   …

no image

ゴールが、評価基準を作る。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

コーチングを教えているレッスン生の成長が、 半端ありません。 失敗に対する心構えができて、 どんどん、恐怖や不安に立ち向かうことが、 できるようになってきています。 これからは、もっともっと成長が加速 …

no image

行政に「言い訳」を与えることで、行政は動く。

厚労省はパワハラの定義を出しています。   定義を出している以上、 厚労省の相談員は、 そのパワハラの定義に当たる以上は パワハラだと認識します。   しかし、認識したとしても、 …

読者登録フォーム

【無料メルマガ】『パワハラを脱出する方法』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

Twitter でフォロー

2019年3月
« 2月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。