パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

あの人が、いい事をするのはなぜ?【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

投稿日:

長続きカップル必見! いつまでも円満でいるために恋人にしてもらいたい言動3つ
いつまでも仲良く愛し合える関係は憧れますよね。お互いにちょっとしたことに気を付ければ、円満な恋人関係……….≪続きを読む≫

息子がゴミ捨てに行きたいというので、

今日は家族3人で、ゴミ捨てに行きました。

妻だけがゴミを持ち、父親と息子は遊んでいるという、

妻にとっては、おそらく腹が立つ光景だったでしょう。

【理論編】

 今回取り上げたのは、円満な人間関係を続けるコツが書かれている記事です。

 感謝の気持ちを伝えたり、尊敬をしたりすることが大切だと書かれています。

 

 感謝の気持ちを伝えたり、尊敬することが大切なのは、

 相手のためではなくて、自分のためです。

 たとえば人に親切にしたとき、誰が一番得をするかといえば、自分です。
 
 なぜかといえば、自己肯定感が高まるからです。

 自分がハッピーになれるからです。

 

 回り回って自分のためになるから、よいことをするのではありません。

 よいことをした瞬間に、すでに自分によい影響があるのです。

 そして、それが周囲に影響もします。

 具体的に言うと、自分の周囲約1.5kmの人が将来幸福になる確率が25%あがります。

 
 
 もちろん、相手のためを思って、肯定的なかかわりをするのはよいことです。

 ただ、100%相手のためを思って、相手が変わらないと自分が腹がたつでしょう。

 ですから、まずは「自分が心地よい」という考えでよいのです。
 
 

 自己肯定感を上げる簡単な方法は、「自分が誇らしいと思えることをすること」です。
 
 嬉しい、楽しい、気持ち良い、すがすがしい、誇らしい、と思えることをしてみましょう。

 それは、結果的には誰かのためになるのですが、最初に恩恵を受けるのは自分です。 

【実践編】

 1 好きなことをしましょう。好きなことというのは、嬉しい、楽しい、気持ち良い、すがすがしい、誇らしい、という感情が自然と沸き起こるようなことです。

 2 自己肯定感がどれだけ高まったを確認しましょう。

 3 逆に、ネガティブな感情が生じても、あまり気にしないようにしましょう。「落ち込むなんて、自分らしくなかったな」でOK、次のチャンスを作りましょう。

過去の嫌な出来事に、縛られてしまっていませんか。
自己肯定感を高く持ち続け、前に進み続けるための
具体的な技術を、無料のメルマガでお伝えしています。
マインドセットを変える3ステップが実践できるようになっているので、
どんどん変化できるようになりますよ。


-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

まずは防御を身につける。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

私があなたにお伝えしたいのは、防御の仕方です。 あなたがゴールに向かうときに、一番必要なものが、 防御の仕方だからです。 あなたは何から自分を守るかといえば、 自分と他人からです。 ゴールを諦めさせよ …

no image

すべては単なる言いがかり。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

独り身寂しくなるXmasソングTOP10海外では家族で過ごすとされるが、日本ではほぼ「恋人たちの祭典」と化しているクリスマス。12月に入れば……….≪続きを読む≫ …

no image

危機に陥ったときは、どうすればいい?

パリで同時多発テロがありました。 このようなときに役立つ心理学があります。 クライシスサイコロジーと呼ばれる分野です。 私達は、危機には「闘争か逃走か」と呼ばれる心理状態に陥ります。 これは、簡単に言 …

no image

辛い体験が、あなたの強みとなる。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

私は、パワハラ・職場いじめ被害者に対して、 カウンセラー・コーチとしての副業をお勧めしています。 これにはいくつかの理由があります。 コーチ・カウンセラーとしての、 強みを明確にしやすいことが、その1 …

no image

ネガティブ思考には反証を探す。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

アサーションという、自己表現手法があります。 細かい方法論は本題から外れるので別にしますが、 このアサーションの一番簡単な使い方は、 「事実を述べること」です。 たとえば、次のように言われたとします。 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。